2013年8月22日木曜日

文化という言葉は曖昧

文化という言葉は曖昧 (ル・モンド・ディプロマティーク日本語・電子版2013年7月号)から


「 芸術は、我々の現実の危機化を「可能性の祭典」とするのだ。我々の集団的で内的な可能性の祭典である。」 (「唯美主義」と「政治参加」の対立というフィクション)から

魂の糧か社会変革の道具か、教養人のための芸術か、それとも人民のためか、このような対立は大昔からあるものではない。「 当然のことながら、一方はブルジョワ道徳を、他方は社会主義道徳を説くのである。そうなってしまえば芸術はもうプロパガンダの問題でしかない」。と19世紀半ばボードレールは語った。
彼は相互に対立する立場に対立し、「悪の華」を書いた。
アーティストとアルティザンの区別も19世紀。
フランス革命による平等の概念が内的差違の意識をうみだし、産業革命で民衆・大衆・庶民が可視化され、彼らの問題が提起されるようになった。
しかし、ブルジョアが勝利する。
そして芸術家は市場原理に支配される。
芸術家の取るべく態度は二つにひとつ、象牙の塔か非支配者階級の代弁者。
ギュスターヴ・フローベールは、『書簡』で次のように述べている。
「『芸術』とは、結局のところ、九柱戯よりも真面目なものだというわけじゃありませんよ。すべてが、果てもないお笑いに過ぎないのかもしれない」。
芸術が何の役に立つのかというのである。
ボク自身フローベールに同意するわけではないが、この先の現代に近づく人々にもまた同意しかねる。
ジレンマを解こうとすることより、ジレンマに関わろうとすることが、当面のボクの課題のようだ。
少なくとも「文化」を曖昧にしたくはないので。 

2013年8月17日土曜日

緑園都市

相模鉄道の新線開発にともない、横浜市泉区に誕生した新興住宅地です。 緑園都市と名付けられた駅、その駅前の一つの街区の設計を平均年齢30歳のチームが担当した。 彼らがこの街を設計する上で大事にした基本的な考えかたは、「ひとつ、またひとつと建築が建ちならんで成長するように、ここでも、ひとつひとつの建築を積みあげて街をつくろう」というもの。 つまり街を一つのビルディングにするのではなく、沢山の建築が寄せ集まったようにしようとしたのです。 この様な大きな街全体を設計するときは、まず全体の構想を先につくり、その構想に基づいて一つ一つの建築をコントロールするというのが一般的な方法ですが、ここでは個々の建築はそれぞれの都合に合わせ自由な形で作られている。 しかしそれだけだとまとまりが悪く、バラバラになってしまいますので、ルールが作られた。 それぞれの建築の中には、隣あう建築や敷地と繋がる通路を設けましょうというルール。 外側の公道だけではなく、建築内にうねうねと続く路地のような自由通路を作ることにより、様々な形の寄せ集めのような街全体にまとまりを与え、一体感を持たせようと意図したのです。 通路のあちこちには小さな広場が作られる。 人々がすれ違がったり、留まったり、立ち話をすることで、顔み知りになりコミュニケーションが生れることを期待しているのです。 この街を見るとまず、全体がグレーで、その素材はコンクリートブロックと銀色メッキされた鉄板やスティールパイプで統一されていることに気がつく。 ここにも設計上の重要な意図がある。 一つの建築ではなく、沢山の建築が寄せ集まったような全体を作ろうとしているのだが、部分部分の建築はそれぞれが勝手に自己主張するのではなく、一つ一つの建築の持つ形が、大きな全体の為の、部品であったり、場面となってくれることが、もくろまれているのです。 設計された建物全体が街であるとか、建築であるとかということより、すべてが人間が織りなす場面の連続体として見えるようにしたい。 設計チームは建築よりも、人と人が織りなす様々な場面が、より良く見えるように、全体をグレーのトーンで仕上げている。

2013年8月16日金曜日

慶應義塾湘南藤沢キャンパス

日本に、学校という制度が取り入れられた明治時代、その建築を作る上で指導的役割を果たしたのはミッションスクール、ヨーロッパの中世の教会のようなイメージです。 そして「蔦のからまるチャペル」が定番化し、どちらかという重々しい建築が大学のキャンパスを構成してきた。 1992年に完成した慶應義塾湘南藤沢キャンパスは、従来のキャンパスデザインの流れと全く異なる意図で作られている。 ここでは配列も形態も、すべてが自由に、軽やかであるようにと考えらた。 今にも飛びたつ飛行機の翼のような屋根、景観を緩やかな円弧で切りとるアルミのパンチングメタル。 軽やかで、ダイナミックに。 それは最新の学問を追求する場の躍動感そのものを創り出している。

2013年8月13日火曜日

神奈川県立近代美術館・図書館・音楽堂

神奈川県立近代美術館
戦後のうつろな時代に失った文化を取り戻すための拠点となることを目的として、昭和26年、1951年開館した。 歴史と伝統に覆われた鶴岡八幡宮の境内に、忽然と浮かび上がるように建築された、真っ白な立方体の建築。 その姿は当時の人々の誰の目にも、古い伝統社会を飛び立って屹立しようとする、新しい文化そのものと見えたでありましょう。 しかも、その構成は内と外の境界を越えて、縦横に展開する見事なピロティ空間(柱だけで構成され る一階部分)によって、自然との一体感、環境との調和がもたらされている。
工業生産力の回復がまだ遠い、戦後間もない建設事情の中にあって、数少ない工業生産品であったアルミニウム材と漆喰や大谷石という伝統的建築材とのアンサンブル、この建築は自然環境のみならず、新旧という時代をも調和させようと意図されている。 自然環境という空間的広がり、時代という時間的流れ、そのどちらに対しても、おこたりなく配慮する日本文化の持つ力、そのような力の表現こそ、この建築が示す最も重要な意図であったと考えられる。

神奈川県立図書館・音楽堂
近代美術館に続いて、1954年に、横浜の紅葉ケ丘に、神奈川県立図書館・音楽堂が建設された。 当時、イギリスの戦災復興のシンボルとしてロンドンに建設された、ロイヤル・フェスティバル・ホールが、その手本となっている。 与えられた敷地の特性を上手に活かして、ふたつの建物は、前後にずらして配置され、その間をブリッジでつなぐ構成によって、音楽堂の前に広い前庭を、図書館の後ろには、静かな庭が生みだされている。 建物全体は、大きなガラスのサッシ、コンクリート製のパネル、陶器製の穴あきブロックといった、新しい工業化製品を用いて、明るく透明感あふれる表情に、統一された。
図書館は、建物の中央に書庫をまとめることによって、回りに明るく開放的な閲覧室を設る。 ことに、北側の閲覧室は、吹きぬけの大らかな空間になっていて、緑豊かな庭に面した、静かな心地好い、読書環境。
音楽堂は、日本でははじめての音楽専用のホールとして計画されたものであり、音響実験を繰かえし行いながら、手づくりに近い設計によって、あたかも楽器のような精巧な木材によるホールとして完成した。 竣工当時、その音の響きの良さは、東洋一とも言われ、多くの外国人の音楽家たちにも絶賛された。 現在でも多くの音楽家に高い評価を受けているこのホールの周囲は、図書館同様、余分な壁を配することなく、構造を素直に表すことによって、外と一体となった開放的な明るいロビー空間が作りだされた。
この二つの建物に、現在でもどこかすがすがしい雰囲気が感じられるのは、おそらく、厳しい戦後復興の時代に、新しい工業技術を用いて、戦前の重苦しさとは異なる、明るく親しみやすい建築を作りあげようとした、設計者の願いが、そのまま表現されたからに他ならない。

2013年8月8日木曜日

マントヴァのパラッツォ・テ

パラッツォ・テは、正方形の四辺を中庭を取り囲むかたちで巡らされた一階建ての低い建物で、当初は中庭には迷路の植え込みが作られていたが、いまはない。

東側は大きく開かれていて広い庭につながり、その先端にエセードラと呼ばれる半円形の列柱アーチが設けられて外部 との境界となっている(図4)。

館内には二十数室の部屋があり、その各所にジューリオが大勢の弟子を動員して描いたフレスコ壁画およびストゥッコ装飾(1526~34頃)がある。

主要なものだけについて説明すると、西側の現在の入り口を入って左に進むと、北側部分にまず「オヴィーディオの間」があり、オウィディウスの 『変身物語』に取材した主題が扱われている。 

ついで「ムーサの柱廊」には音楽や詩の寓意像とともに「オルフェウスとエウリュディケ」の場面が描かれている。 

 その先の「馬の間」は謁見やパーティーに使われた大きな部屋である。擬似的に描かれた柱間にはギリシアの神々が表されているが、ここに入ってすぐ目に付くのは壁の前面に立つかのように描かれている優美な四頭の馬の姿である。

実はこの館の建てられた場所はもともと放牧場であって、ゴンザーガ家が飼育した馬はヨーロッパの各宮廷から引く手あまたであり、その後のイギリスのサラブレッドの源流となったといわれている。

ゴンザーガ家に仕えたザニーノ・オットレンゴという名の獣医が著した『馬の疾患』という本(マントヴァ、ダルコ財団蔵)もあり、馬に関してはマントヴァは抜きん出ていたようだ。

ここに描かれた四頭は、「バッターリア」「ダーリオ」「モレル・ファヴォリート」「グロリオーゾ」という名前まで記されていて、自慢の名馬だったのだろう。 

 北東の隅の「プシュケの間」は1530年にカール5世を迎えて晩餐会が催された部屋である。天井周辺にはアプレイウスの『黄金のロバ』に由来するアモルとプシュケの交歓の図が繰り返して描かれ、西側の壁は「粗野な宴会」、南側の壁は「高貴な宴会」という二つの饗宴図で占められ、そこにはメルクリウス、ホライ、ウェヌス、マルス、バッコス、ポリフェモスなどを含め、多くの男女の神々がほとんど全裸で登場する。別の一隅にはあからさまに勃起したゼウスがオリンピアスに挑む図などもあり、これはヘレニズム美術に原型があるとはいえ、あまりいただけない。

なおプシュケはイザベッラ・ボスケットの、クピドがフェデリーコの、ウェヌスがその関係に反対する母親イザベッラ・デステの寓意であるとする意見もある。いずれにせよ、この部屋の主題はエロスの饗宴であり、氾濫のイメージである。

 いくつかの部屋を省略して東南の角に進むと、絵画的には最も興味深い「巨人の間」がある。

主題はヘシオドスやオウィディウスに由来し、天井の雲に現れたゼウスが雷光を放って巨人族を打ちのめすさまが四周いっぱいに描かれている。

崩れ落ちる石塊に挟まれて大仰にあわてふためく巨人たちの姿は、あまりにも非現実的とはいえ、強烈な迫力がある。

この部分は1531年から34年に制作されたのだが、最初に手がけられた西側の部屋で見たような淫靡な逸楽のイメージはここでは姿を消しているのに気づく。

それというのも、フェデリーコはすでに正式な結婚もして公の称号をもち、加えて1532年にカール5世をここで再び迎えることになるという事情があり、いまや肩で風を切るような権勢の象徴がこの主題に託されているということができよう。

 ジューリオ・ロマーノはその後、ゴンザーガの本邸であるパラッツォ・ドゥカーレのいくつかの部屋にもギリシア神話にまつわる壁画をかいた。

ところでジューリオのこうした絵画表現をマニエリズモ様式と呼ぶ。

日本語でマンネリズムというと独創性に欠ける二番煎じという意味合いがあって芳しくないが、美術史学ではもう少し積極的な意義が与えられていて、すなわちラファエッロを一つの頂点とみなし、画家はもはや自然から直接学ぶことをやめ、完成した造型言語(マニエーラ)を駆使して新しい絵画世界の構築を企てた様式という評価がなされている。

ルネサンスは秋を迎えた。ジューリオはローマにおいて、まさに成立しつつあったマニエリズモを経験し、マントヴァでその成果をいっぱいに実らせたのだった。