2010年7月24日土曜日

本物と偽物の峻別にもそれほど意味がなくなった時代

「偽物が本物と信じられた時代から、今日は本物も偽物に見えてしまう。 いや、本物と偽物の峻別にもそれほど意味がなくなった時代を、私たちは生きている。」 と文化欄「住まう技法」は書いている。

30年ほど前、ゴッドフリー・レッジョ監督はドキュメンタリー映画「コヤニスカッツィ」を製作した。 コヤニスカッツィはアメリア先住民の言葉で「常軌を逸し、混乱した生活、平衡を失った世界」という意味がある。
1956年に完成したアメリア・ミズーリ州セントルイスにあった巨大集合住宅は住宅計画史上最大の失敗作。 その集合住宅は1972年に爆破解体される。
ゴッドフリー・レッジョ監督は巨大集合住宅の建設から解体の経緯を映画にした。
ドキュメンタリー映画「コヤニスカッシュ」は常軌を逸した現実の建築の自爆状況の記録なのだ。

一方、2001年9月11日、同時多発テロにより、WTCは崩落する。
ニュース映像を見る限り、この崩落は劇場で見る今風のどんなSFX映画以上に現実的であり衝撃的。
偶然ではあるが、セントルイスとWTC、どちらの建築もミノル・ヤマサキの設計。
繊細な機能美を誇った近代の名作と言われている。
そして、WTCの崩落は「モダニズム建築の終焉の日」と呼ばれるようになった。
冒頭の言葉に戻って欲しい。
ボクには「われわれは住まう技法(=建築批評)を失っている」と読み取れるのだ。

他方、同じ夕刊の6面、映画欄の下の四段の広告はユンカーマン監督の「老人と海」。
この映画も「コヤニスカッツィ」同様、30年ほど前のドキュメンタリー。
与那国島に住まい、小さなサバニを大海に浮かべ、大きなカジキと格闘する老人の記録だ。
というのは簡単だが、格闘と言う映画の中のクライマックスまでは、映画を創る人々にとって、 気の遠くなるような、長い待ち時間と思考と逡巡の日々。
むしろ、この映画は「待ちこそ人生」と語っていたのかもしれない。
じじつ、後で聞いた話だが、この映画のサバニの漁師は、映画に記録された格闘のあと、 嘘のように人生を閉じられたと言う。

映画の撮影は東中野「ポレポレ座」のスタートの頃だった。
ポレポレ座は写真家本橋成一氏の発案から誕生した、かってはアクセスフリーのたまり場だ。
アフリカでの撮影旅行から帰り、その大地と動物たちの営みに触れ、彼はそこに生きる人々の言葉『ポレポレ」を仲間とともに共有しようとした。
ポレポレはスワヒリ語で「ゆっくり、ゆっくり」を意味する。
当時の、急ぎすぎる時代風潮、なんか変だなと感じる人々が沢山集まった。
たまり場となったのは青林堂という本屋さんの三階。 そこは男女半々、20代から60代、いつも様々の分野の人々で一杯。

ドキュメンタリー映画「老人と海」のプロデューサーはシグロの山上さん。
そして、彼もポレポレ座スタート時の主要メンバー。
撮影時の苦労話はいろいろ聞かされ、陣中応援に与奈国には必ず出向く約束しながら、 遂に果たせず、今にして思うと、ちょっと残念ことをした懐かしい思い出の人。

「老人と海」はそんな様々な記憶がある懐かしい映画 、しかし今日、夕刊では突然の四段の大広告。
金もなくスポンサーもままならない当時のこと、新聞広告など考えられないことだ。
だから、びっくり、何事かとしばし、!?!?。
考えてみると、先ほどの文化欄「住まう技法」とは全く呼応している。
あの時代は批評があったのだ。
ポレポレ座ではよく議論もした、時に喧嘩にもなった。
しかし、今は批評がない、みあたらない。
本物と偽物の峻別にも意味がない。
だから、いま上映されることには大きな意味がある。
この映画には四段の大広告で宣伝し、多くの人に観てもらいたい、ここには峻別があるからだ。

2010年7月15日木曜日

二期会の「ファウストの刧罰」

久しぶり、二期会オペラに行く。ベルリオーズの「ファウストの刧罰」。 ゲーテのファウストではあるが、誰でもが知るこの物語を、 ベルリオーズはかなり抽象化してオペラにしている。 
メトの体験では、主役はむしろメフィストペレスにあり、 その全体は交響曲「幻想」のオペラ化という印象を持っていた。 http://leporello.exblog.jp/12083661 

しかし、二期会の「刧罰」は全く違うものだった。 当然だろう、演出は様々、それが舞台を観る我々の楽しみだ。 今日の二期会は華やかだ。 まるで「宝塚」。 
抽象化されているオペラだが、全体はものすごく具体的。 地を這い、空中を舞うニンフたちが随所に登場するが、 その役割りはメフィストペレスの魔法により生み出される、 ファウストの想像的世界の創造にある。 
しかし、終始登場するダンスの動きは、 舞台を一層華やかなものに変えてはいるが、 全体は恐ろしく直接的、具体的なものとして表現されていた。 まぁ、これはオペラなの、あるいはバレー? と思う人もいるのではないか。

 ボクは不満足。 背景であるはずのダンス、その出来はともかく、 オペラ全体の流れのなかでは、余りにも頻繁すぎて、 歌手の歌を聴く楽しみ阻害している。 
さらに、そのダンスそのものが表現していることだが、 振り付けはあまりにも単調、 全場面を通じて、その動きにメリハリがなく、 え、またなのと、 終盤に近づくほど嫌悪感さえ持ってしまった。

 とは言え、やはり「ファウストの刧罰」はオペラだ。 音楽が終始全体をリードして行く。 ベルリーオーズはグノー以上に音楽としては具体的な表現を取っているので、 その流れはわかり易く戸惑うことはない。
 ファウストやマルグリートの歌声はオーケストラとのバランスもよく、 のんびり、ゆったり、楽しく聴かせていただいた。 
不満を付け加えると、メフィストペレスは今イチだ。
 メトのフアウスは、メフィストペレスに魅せられていた。 しかし、今日は、その彼が一体、何処にいたのか、 3階の観客席から舞台を見る限り、 演技・音楽からその存在を見いだすことが出来ず、赤い衣装だけを探す始末。 katohiroyuki/iPhone

2010年7月14日水曜日

ナポリ、カポディモンテ美術館展 

ダヴィンチやラファエロ、ミケランジェロという優れた画家たちの登場で、 どんな複雑な題材に遭遇しても、いつも調和があり、目を惹く、 絵画を生み出すことがあたりまえとなった16世紀前半。 次に登場する画家たちは、さらにどんな工夫をこらしたのであろうか。
彼らは、もはや単純な調和ではなく、不自然でわかりにくい絵画であっても、 まずは多くの目を唸らせることに腐心したであろうことは充分に理解出来る。
さらに、絵の中にいろんな意志や特別な知識を潜ませることは、 中世以来のヨーロッパ絵画の常道だが、絵画を解釈するにあたって、 より高度の知識がなければ理解出来ないような作品を描くようになったということも、 また理解出来ることだ。
貴族が楽しんだ、16世紀絵画、いわゆるマニエリスム期絵画は、 もはやルネサンス絵画とは異なり、奇想と新趣向に富み、 高度な知的関心を持って鑑賞しなければ理解できないもの、と言える。

時代が進み16世紀末から17世紀以降の絵画作品。
それはカラヴァッジョたちが活躍したバロック時代のこと。
この時代のイタリアの画家たちが最も腐心したこと。
それはパレストリーナの音楽に明解に示されていることだが、 対抗宗教改革の目的に有効に機能する作品であることではなかったか。
知性豊かな貴族のためだけの作品ではなく、多くのローマの大衆にとって、 あるいはローマ以外の沢山のキリスト教信者にとって、新興プロテスタントとは異なる、 バチカンを中心としたカソリックの教えが、 直接的に、感覚的に充分に理解出来る作品であることが求められた。
そこでの作品を生み出す画家たちの格闘、 それは描き出したい伝説的な神話や物語の場面について、 もはや奇抜さを競うことでもなければ、 従来の見慣れた形式化された場面でもない。
画家たちの心に描かれる明確なビジョンを、 よりドラマチック場面として的確に表現することが求められていた。
バロックとは最初の近代画家たちの格闘の時代でもあった。
ルネサンス以降、多くの有名画家が沢山の作品を生み出したイタリアにあって、 このマニエリスムとバロックという二つの時代を理解することは容易ではない。

時代の異なる画家たちの取り組みの違いが少しでも見えて来ると、 今日の国立西洋美術館「カポディモンテ美術館展」はこよなく有効、 楽しい展覧会になってくる。
展示ルートの中間に素描展の一室を挟んで、マニエリスムとバロック、 作品はこの前・後半に明解に分離され展示されている。
この分離はもう一つ、この美術館の形成過程をも説明してくれる。
前半マニエリスム期の作品はローマ・ファルネーゼ宮殿でのコレクション。
後半バロック期はカラヴァッジョがやってきたナポリのカルロス3世の宮殿の作品。
会場はまだ開催間際で、平日は観客は少なく、ゆったりのんびりの鑑賞。

そして、なんと言っても前半の圧巻はこの美術館の珠玉の一品、 パルミジャニーノの「貴婦人の肖像」だった。
暗闇から、いま毅然と登場し、見るものに「無言」の言葉を発する、動き生きている屈指の美女。
彼女が貴婦人なのかコルテジア(高級娼婦)か、 美術史専門家間でも意見が割れているとの説明。
ボクにとっては、同時代を書いた多くの物語の中のコルテジアを全て想像させる、 まさに鋭く、強く、知的で気品ある女性の生の存在が実感される。
そこにある同時代に誘い込まれるような、強烈で誘惑的イメージが溜まらなく快楽なのだ。
後半の作品はカラヴァッジョではない、彼に影響を受けた画家たちの作品。

幾つか興味ある作品に触れたが、ひとつだけ挙げるならば、「ユディットとホロフエルネス」。
画家であるアルテミジアはカラヴァッジョやバロックの物語には、 必ず登場する、当時には珍しい女性画家。
その彼女の苦しみと環境をイメージするに、よくぞ描いたこの「ユディット」をと、 おもわず拍手喝采したくなる迫力とリアリティに、しばし留まらせ釘付けにされていた。
そして、面白かったのはヴァザーリとグレコ。
前者はやはり画家としてはこよなくへた糞。
後者は若き日の習作の小品。
しかし、グレコはこの淡彩な一作ですでに後の全作品にある天才ぶりを充分に発揮していた。

2010年7月9日金曜日

「壁絵」のある街。

ローマ時代のポンペイ遺跡から中世キリスト教建築壁画まで、建築の内壁と一体化して描かれる壁画は、ながらくイタリアの専売特許、と思い込んでいた。 
しかし、敦煌の莫高窟や法隆寺金堂壁画をまつまでもなく、世界中の建築は壁画とともにあったと言って良かったのだ。 
むしろ、装飾タブーの現代建築からのみ建築を考えようとする、ボク自身のほうが全くの常識知らずであったのかもしれない。
そんなことから、今日はまず、内壁ではなく、建築の外壁壁画を探してみた。 
宗教建築の内壁のフレスコ画は14・5世紀建築とは切っても切れないもの、そのフレスコ画はまたヴェネツィア等の住宅の外壁にも描かれていたことを思い出したからだ。 
「ヨーロッパの壁絵デザイン(東方出版)」という本がある。 
著者松味氏は内壁の宗教壁画と区別し、外壁壁画を「壁絵」と呼んでいる。 
ヨーロッパでは「壁絵」つまり、外壁画は内壁同様、歴史は古く様々な地域で描かれていたようだ。 
特に普及し、多くを残したのは16世紀以降、それもアルプスの周辺地域に集中している。 
面白いのは「壁絵」のテーマ。 
10項目に分けて説明しているが、教会の内壁同様、聖書物語やキリストとマリアそして聖人を描いたものが圧倒的に多い。 
それらは住まい手を病や災難から、あるいは砦である家そのものを守る、さらに家族の幸福と家の繁栄への願い。 
神への祈りと願いは世界中何処も共通したテーマ、内壁そして外壁、どちらも貴重なメッセージボード。 
つぎに登場するのは、家族の誇示と矜持、そしてユーモア、それらは単に建物を美し見せる装飾ではない。 
「壁絵」はまさしく様々な住民たちの祈りの言葉、人間として幸せでありたい重要なメッセージです。

そんな関心から、世界中の現在の「壁絵」をググって見た。 
ネットで見た最初の注目は「リオンの壁画」。 
ボクは残念、まだ訪れたことがない街。 
この街は20年ほど前からアーティストによる壁絵が盛んとある。 
古い建築の外壁、影となる妻壁に描かれた「巨大なだまし絵」。 
いまや100余もある、その数々は街を活性化し、観光客の人気も集めている。 
その動きはフランスだけでなく、世界中に広がりつつあるということだ。

自宅の外壁にアンパンマンの絵が描けますか? 
という質問がネットにあった。 
http://www.hou-nattoku.com/quiz/0385.php 
答えはノー。 
しかし、ノーであるのはアンパンマンの著作権に触れるから、外壁に絵を描くことは問題ない。 
次は仙台のある介護施設の外壁の例。 
http://orange.ap.teacup.com/symphonycare/16.html 
あるアーティストの下絵をもとに地域の沢山の方々の参加で2008年4月完成と書かれていた。 
もっともっと、探してみたい。 
そう、建築はボクたち今を生きる人々の貴重なメッセージであるからだ。

2010年7月7日水曜日

ウルビーノの理想都市


(ウルビーノの「理想都市図」)

アルベルティの「建築論」に示されるアイデアルな都市はウルビーノの「理想都市図」として描かれ、現在に残されている。円形の神殿を中央に配置した広場、その周囲は「建築論」にあるように同じ高さの建築群で囲まれている。この板絵の最も重要な特徴は正確な一点透視で構成された透視画法にある。

ブルネレスキが発見した神の支配を受けない、人間中心の理想的な空間。特定な性格や好みも持たない等質で等方、平準で均質な空間、その中に配置される新しい建築群、それらの建築は全て、当時の都市を構成していたキリスト教教会の形式、ゴシック建築とは異なり、柱とアーキトレーブ(三層の柱上帯の最下部)による古代建築。ルネサンスの理想都市、そのイメージはどこまでも穏やかで静かな佇まい。透視画法は人文主義者の抱いた「理想的な都市観」を表現するのに最も適していた。

 (fig27)

透視画法の中に建築がシンボル配置された絵画空間は現在のような額縁のなかの非実在的なイリュージュナルな世界とは明らかに異なっている。画面は確かに都市風景だが、そこには人間が描かれず、透視画法の空間のみが強調されている。そう、ブルネレスキの二つの聖堂と全く同様、観察者はその空間に入り込み、そこでイメージされる世界を実感し、体験しなければならない。

その世界はもはや現実ではなく、現実を超えた観念の世界。現実以上に信頼できる確固とした空間。サモシの言う「哲学者の偏見」から解放された世界だ。

ウルビーノ公に招かれたアルベルティが公の画家・建築家であったルチャーノ・ラウラーナやピエロ・デラ・フランチェスカと協力して生み出したものと考えられるこの理想都市像は、その情景から斬新で調和のとれたまさにルネサンスの理想がそのままシンボル化され表現されている。

アルベルティの仕事はフィレンツェのほかフェラーラ、ウルビーノ、マントバ、リミニでも展開されている。十五世紀イタリアを動かしていたのはミラノ、フィレンツェ、ナポリ、ヴェネツィア、そして教皇領という五つの勢力だが、アルベルティが招かれた小都市はエステ家、モンテフェルトロ家、ゴンザーガ家、マラテスタ家という一族による支配。小都市である公国は共和国とは異なり唯一の貴族、つまり君主の力により繁栄していた。

しかし、どの一族も強国の覇権を交わし、生き残る為には、戦争に変わる外交と、その威信を示すための文化政策が不可欠だった。

アルベルティはそんな君主がもっとも必要とする人材。文化政策とは公国は軍事力のみならず文化的資質を内外に示すことにあった。その中心は古典文化を広め、透視画法利用により新たな理想世界の表象を描きだすこと。その為の見識と手法を示した「絵画論」「建築論」はギリシャ・ローマの悲劇・喜劇、あるいはヴィトリヴィウスの建築書同様、君主にとって欠かすことが出来ないものとなっていた。

後のフィレンツェがオペラを生み出すのもまた同じ理由、共和国はトスカーナ公国に代わりハプスブルグ支配から免れる生き残りの為の文化政策が十六世紀末オペラを生み出している。十五世紀のアルベルティは孤軍奮闘、イタリア中の僭主・貴族に招かれ、きわめて多彩、驚くべく広範囲の都市と建築に関わっていくことになる。

(ウルビーノ公女のサロン)

ウルビーノはマールケ州、アドリア海に近い山間の小都市。十五世紀半ば、教皇庁の総司令官であった傭兵隊長フェデリーゴ・ダ・モンテスフェルトロにより絵画と建築に満たされたルネサンス都市として変貌した。

フェデリーコは軍人ではあるが、信心深く、教養も高い、文化政策にも優れた名君として有名。彼に招かれた芸術家たちとの関わりのなかから生まれた作品、それは「理想都市図」だけではない。

美しい中庭を持つウルビーノ公館と図書館は今に残され、この山間の小都市はルネサンスの華と言われている。その息子、グイドバルド公の時代、その宮廷は大国の狭間で揺れに揺れるが、バルダッサーレ・カスティリオーネがこの宮廷を舞台に「宮廷人」を書いたことは有名。ウルビーノはまずはアルベルティの「理想都市」、そしてカスティリオーネの「宮廷人」を生み出したルネサンスの華の都市と言える。

グイドバルドは父のように才能豊かでもなければ心身が壮健でもない。国事の全ては妻である、エリザベッタ・ゴンザーガが仕切ることになる。彼女はマントヴァ公フェデリーコ一世の娘、イザベラ・デステとは義妹という間柄。イザベラほどではなかったが、彼女もまた美人で教養も深く、趣味も多彩。マントヴァ時代に人文主義の教育も受け、数カ国語が話せるばかりか、美術を解し音楽も興じ、ルネサンスの才女の一人として小国の文化政策に貢献する。昼は病弱なウルビーノ公を助け政務に励み、夜はサロンを主宰する。公館の広間は夜遅くまで、詩人、画家、建築家、音楽家との歓談が続いていた。

(カスティリオーネの宮廷人 )

  (fig28)

エリザベッタのウルビーノはイタリア中の知識人にとっても最も魅力ある場所。そこにはいつも物憂げな貴公子の姿だが公妃のお気に入りであり、当時最も洗練された社交人、カスティリオーネが中心的役割を果たしていた。十五世紀後半に生まれた彼はアルベルティとは丁度一世代異なっている。残念ながら、二人がこの宮廷で会い見合うことはなかったが、歴史家が描く二人の相貌はとてもよく似ている。共に見識ある青年貴族の常として馬術、弓術、剣術をたしなみ、リュートやヴィオールを演奏し、作曲もするが、舞踊にも長じる。

その優雅な身のこなしは女性を魅了し、軽快な話術を巧みとした。カスティリオーネにとって、フェデリーゴとアルベルティ以来のウルビーノ宮廷の持つ瀟洒で軽快な雰囲気は最も好ましい世界であった。後にその体験からカスティリオーネは「宮廷人」を書く、結果、彼はイタリア中に知れ渡り、ローマ、マドリッドという当代一級の宮廷にも招かれる。

(ウルビーノのラファエロ)

カスティリオーネと同時期、ローマで活躍したラファエロは彼より五歳若く、ウルビーノ宮廷画家ジョヴァンニ・デ・サンティの子として生まれ、十四歳までこの山間の都市ウルビーノで生活した。父ジョヴァンニは傑出した才能の持ち主ではなかったが、文筆に長け、フェデリーゴの政治力、軍事力、文化的業績を賛美する記録を数多く残す。

ラファエロはそんな父に連れられるまま幾度も公館を訪れている。利発で見目麗しい彼は父の自慢であると同時に、宮廷でも人気があった。この時、当然、カスティリオーネとも面識が生まれている。ラファエロはローマ時代の彼の自画像をルーブル美術館に残している。

この時代、最も人気の高かった画家はミケランジェロでも、レオナルドでもない、ラファエロだ。彼を仕事から引き離すことが出来たのは女性の魅力だけ、と言われるほどラファエロと女性との関係は喧しい。美青年で、粋で、気前が良かった彼のもとへは女性はいつでも、いくらでも集まってきた。

そんな彼が当時の大天才たちよりも人気が高かったのは、ラファエロの方が生き方においても、芸術においても、その時代の気分と理想をよりよく代弁していたからに他ならない。十五世紀末の持つ反キリスト教的理想世界、そのイメージは一世紀あとのオペラに注がれるものだが、それはこの時代ラファエロのみが表現できたことかもしれない。

オペラ揺藍の場所こそ優雅なウルビーノ宮廷。フェデリーゴ・ダ・モンテスフェルトロ、アルベルティ、カスティリオーネそしてラファエロ、彼らはもちろんオペラにはなんの関わりもない。しかし、トリッチーノ(二本の塔)を持つこの宮殿を舞台とするならば、彼らの多彩で優雅な生き方はその後、万人があこがれるオペラそのものと思えてならない。好ましい環境と優雅で多彩な役者に恵まれたウルビーノもまたオペラ発祥の地と呼んで良いのではないだろうか。