2015年12月14日月曜日

雪の轍

トルコのアナトリア地方、奇岩を住居とするカッパドキアの冬を背景とする人間の物語。
既に観た映画だが、休日、近所の映画館での上映、出かけることにした。
館内は満員、良い映画はやはりだれもが見逃さない。 
この映画が長いのは一人一人の言葉を忠実に話終わるまで、いや疲れるまで、留まることなく、写し取り続けるからだ。
しかし、もう一度見たいと思ったのも、この会話の数々が気になりじっくり聞いてみようと思ったからだ。
 観終わって、前回は書けなかった感想、今は書けるだろうか。
いや、再度、見たからと言って、会話の一部始終を理解したわけではない。
内容も決して、哲学的であったり、眩惑的であったりするわけではない、誰もが問題とする日常的会話だ。
しかし、よくわからない、そして、気が付いた。
この映画は人間の会話、あるいは「言葉」というもの、そのものをテーマとしているのではないか。
全ての登場人物は悉く皆、喋りすぎ。
しかし、そのお喋りからは決して、新たな関係は生まれない。
結局、お喋りは人を傷つけ、喋る自分自身が最も大きな深手を追っていく。 
この映画では、話せば話すほど人は空しくなっていく。
人は話せば話すほど、阻害され、その関係は壊れていく。
人間の関係は決して話し合ったからといって、新たな関係が生まれるものではない。
もちろん、会話や言葉に罪はない。
しかし、言葉は罪かもしれない。
人間の言葉は自分が思っているほど、正直でももちろん嘘でもない。
しかし、話せば理解してもらえるという単純なものではない。
哀しいのはそういう言葉を持ち、言葉にとらわれる人間ということだ。

2015年12月13日日曜日

ヴェルサイユの宮廷庭師

あるがままの世界がまだ、私的・個人的世界であり、社会的秩序としては認められていない時代のお話。 話は単純で新味はないが、物語の背景となる世界はとても興味深い。 17世紀後半はフランス・バロックが一気に開花した時代。 まさに「あるはずの世界」の絶頂期だが、しかし、映画はやがてくる「あるがままの世界」の産声とその秩序観を巧みに描いていく。 こんな感想は個人的すぎるが、未亡人となったマダム・ド・バラが、歴史で有名なル・ノートルとともに全く新しいコンセプトにチャレンジする。 そのコンセプトとは100年後のマリー・アントワネットのトリアノンを先取りするもの。 いや、描かれる恋と自然とヴェルサイユの風はトリアノンのロココを超え、現代社会にこそ反映させたい女性的価値観だ。 本来の宮廷庭園とはコンセプトが異なる、巧みに自然をヴェルサイユウ庭園の宮廷庭園設計者古い価値観に代わり、新しい芸術観が産声をあげる時代映像も物語もとても分かりやすく「あるはずの世界」の解体、いや、やがて訪れる「あるがままの世界」の秩序を描いて、好感を持ち楽しめた。映像そして物語はヴェルサイユの宮殿と庭園を造る時代、庭園のデザイナール・ノートル

2015年12月12日土曜日

放浪の画家ピロスマニ

ゲオルギー・シェンゲラーヤの「若き作曲家の旅」を観たのはいつだったろうか。 
広大なロシアの大地の西端にあり、コーカサスの南、さらにその南にあるトルコとともに黒海を囲むグルジア地方を旅し、その地の古い民謡を採集していく若き音楽家の旅。 
豊かな山河により添い、集い、生活する人々の古い歌声はどれもが哀愁を帯び、優しく家々や大地にこだまする。
 映画は、しかし、採集された歌声の連なりは反権力者たちの集落の連なりと見なされ、押収された作曲者の記録は官憲の手に渡り、歌声の集落は悉く暴力に侵され、破壊されていく。

 岩波ホールでの「放浪の画家ピロスマニ」はこの地に生まれ育った実在の画家(1862~1918)の物語。 
この映画は「音楽家の旅」より15年も前の作品。 
デジタルリマスターされた音と映像は、豊かな山河や集落、祭に集う人々の音楽と彼らが酒を飲み語り合う居酒屋の中の風景を美しく切り取りとっていく。 
その情景はピロスマニが描く絵画の中の世界と全く同じだ。 
実在を描く映画と映画の中のピロスマニの絵画、虚実が重ね合わされたのどかな集落はやがて、その世界から絵画を失い人々の日常も色あせていく。 
その原因は作曲家の旅を蹂躙した官憲力とは異なり、様々な人間が追い求める欲と名声と言えそうだ。
 ゲオルギー・シェンゲラーヤ歴史を超え生き続ける人間世界を、美しい音楽と絵画による風景画として描いている。

2015年12月2日水曜日

パリ3区の遺産相続人

かっては貴族館が立ち並んだパリのマレ地区、セーヌの流れも近いパリの中心だが、いまだ静かなその街並みの一画に中庭を囲む瀟洒なアパルトマンが建つ。住まうのイギリス生まれの老婦人と、もはや若くない、いまだ独身の娘との二人。 アパルトマンは老婦人のかっての恋人であったアメリカ人が所有するもの。しかし、フランスの独特の不動産制度により、その住まいと生活はなん人も侵すことが許されない。そんなアパルトマンに50代半ばのパッとしない独身男がニューヨークからやってくる。男は父の死によりこのアパルトマンを相続した新しい所有者だ。 長い前ふりだが、物語の芯となるものはこのアパルトマンの所有ではない、そこに生活し続けてきた二人の女性の恋のカタチだ。しかし、それを単によくある不倫物語と言ってしまえば、映画は直ちにディエンドとなってしまうだろう。不倫とはなんとも無粋な言葉だが、映画もそんな言葉をえがいているわけではない。物語はもともと舞台劇として成功したもの。その舞台の演出家があえて映画として構成しなおし、現代社会の恋のありようを再び、深遠より描いている。