2015年3月20日金曜日

イミテーション・ゲーム

ヒットラーのドイツに戦争を布告した1939年のイギリス。政府にとっていやイギリス国民にとって、戦争の終結には難攻不落と言われる暗号エニグマの解読が不可欠だった。 ケンブリッジ大学で「イミテーション・ゲーム」の開発を続けている天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)にこの暗号の解読が託される。天才にとって難攻不落とはいえエニグマもまたゲームなのだろうか 、いや次々とUボートに沈められ、空爆にさらされるイギリスを救うものはチューリング・チームよる暗号の解読が頼みの綱。しかし、ミッションの過酷さと常軌と異なる天才の行動と言動から生まれるチーム不和は絶えることがない。 1940年を迎えるが解読は一向に進まず、チューリングはますます自身の論理からの電気機械の製作に没頭する。そんなチームと多大な製作費にMI6(政府情報部)は業をにやし解散を言い渡す。チューリングはこのミッションの本当のトップは誰かと問い、チャーチル首相に製作とチームの継続を直訴する手紙を書く。チューリングより早くクロスワードパズルを解く能力を持つ女性、ジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)に支えられ、チームはついに難攻不落のエニグマ暗号の解読に成功する。エニグマの解読とそのメンバー、とくに不運のチューリングの存在はその後50年間も封印されていた事実からわかる通り、映画はどの場面もみなドラマチック・サスペンス。
「イミテーション・ゲーム」は早くから楽しみにしていたが、ボクにとってその楽しみはドラマチック・サスペンスを超えてもう一つある。それは題名となったが暗号解読以前の「イミテーション・ゲーム」が持っていた本来の意味に関わること。映画のテーマはもちろんエニグマの解読にあるのだが、解読以前にチューリングが提起し、その後のコンピューターの開発に大きく貢献する、いや現在最も注目されているチューリング・マシンのコンセプトこそ「イミテーション・ゲーム」の本来の意味だ。チューリングの生涯のテーマは「知能を持った機械」の開発にある。「イミテーションゲーム」とはコンピューターの思考能力を評価するゲームのことだ。いまや、人工知能(AI)開発が大はやりだが、チューリングは機械と人間に同じ質問をして、どちらが機械の回答であるかを判定させることで機械の優秀さを測る目標を定めたのだ。つまり、イミテーションゲームはゲームには違いないが現在も生きているとんでもないゲームだ。 映画「スター・トレック」のコンピューターはその能力においてこのゲームの勝者となったが、それはあくまで映画の中のおはなし。ゲームを作ったチューリングは2000年までにはチューリングテストに合格するコンピューターが出現するだろうと予言したが、2015年の現在、まだそのテストに合格するコンピューターは出現していない。ほとんどのゲームのチャレンジャーは何百万という無数の質問をコード化して、一つの質問に信頼できるひとつの回答が与えられるように設計しようとしてきた。しかし、これではチューリングテストには合格しない。唯一ザ・サーチを書いたジョン・バッテルが「考える検索エンジン」にグーグルが成功したら、このゲームは完了するだろうと言っている。つまり、今後のコンピューターの可能性は情報のコード化ではなく、「いかに情報を提供し、その情報を役に立つ情報にインテグレートするかにある」つまり、情報を提供し役立つと判断する人間の役割がポイントとなるのだ。現在のグーグルの検索エンジンのコンセプトもそこにあった。多くの人に引用され、人々の支持された情報がもっとも検索される情報。コンピューターはどこまでも機械だ、機械であるからこそ人間との協働ではじめて機械も知能を持つことが可能ということなのだ。 「イミテーション・ゲーム」はナチス・ドイツに苦しめられようやっと難攻不落のエニグマ暗号を解くという物語だが、それはどこまでも人間による人間のドラマなのだ。そのドラマを大好きなベネディクト・カンバーバッチとキーラ・ナイトレイが演じているのだから、封切り早々見に行きたくなるのは当然のこと。しかし、最も重要なことはネタバレとなるので触れられないが、見終わってみて、調べてはじめて気がついたチューリングの死の秘密。それは白雪姫の毒リンゴだった。この話は間違いなくジョブスが産み出したアップルのロゴ、あの齧られたアップルマークにつながっている。

2015年3月9日月曜日

リトリートとエクスペリメント


形のない時代の建築とはアノニマスでインディヴィジュアル、つまり現代建築のことだ。 今の社会における最もフィットする建築デザインは「個々人の生き方が反映された隠れ家」といってよいのではないか。 建築雑誌a+uでリトリートが特集されていた。個々人が日常から離れフィクショナルな世界(もう一つの世界)を体験する貴重な空間だ。そこでは現代建築の主要関心である技術や機能が問題となるのではなく、住まい手のライフスタイルがテーマとなる。都市インフラが不整備な自然環境、広漠とした風景の中、リトリートは様々な可能性を開いていく。 a+u526特集号にはしかし、特記すべく建築は見つからない。建築雑誌とネットに注目し、意味ある建築をよりよく探す必要があるようだ。
a+u531のテーマはエクスペリメント。従来の建築デザインがもはや社会的意味を持たないならば、これからの若い建築家は今後いかに社会とコミットメントするのか。特集は世界中の若い建築家たちの様々な試みをリポートしている。 1-ボスはいない集団で関わり都市環境を変えていく。 2-環境に関わる情報をデータ化し問題解決のアクティヴィストを目指す。 3-生物学バイオ等と協働し新たな素材や工法を生み出す。