2009年11月20日金曜日

古代ローマ帝国の遺産展


やはり、平日の朝一番は正解だ。圧倒的に空いている、とは言え、人気の展覧会、中年以上の女性グループがどんどん多くなるのに加えて、今日は熱心にメモをとる高校生たちがたくさん、11時過ぎにはもういつ通りのにぎわいとなった。内容は期待に以上の楽しい展覧会。初代皇帝アウグストスと同時代のポンペイの生活がわかり易く展示されている。大理石像、調度品、貨幣、秀逸は壁画、モザイク画、特に映像は歴史解説と連動され全体は集約的で明快だ。そんな今回の展覧会の中で、実は楽しみにしていたのは、ソンマ・ヴェスビアーナのディオニュソスとアレッツォの青銅のミネルヴァだ。聞いてはいたが、やはりこの二つはギリシャの彫刻、ローマとは些か異なっているように見えた。発掘されたギリシャ彫刻は実際には非常に少なく、大半はローマ時代の模刻。しかし、この二像は本物のギリシャを感じさせるなにかがある。他のローマ彫刻にはない、洗練度のようなものが感じ取れたことは今日の最大の収穫と言って良い。