2017年9月15日金曜日

「ニコトコ島」と「石と歌とペタ」

「筋書きのないドラマ」はよくあるが、「目的がないドラマ」はお目にかかったことがない。
どうやらこの映画は「目的がない」のが目的のようだ。
「ニコトコ島」と「石と歌とペタ」という2本の映画を同時に見た。
多少雰囲気は違うが、同じような構成、音と映像、どちらも「目的がない」のが目的。
若い男性制作者たちがカメラを回し、画面に登場する。
情景は海を走る船甲板・鳥が鳴く針葉樹林・奇景な岩海岸・車内から見る雨中の道路・・・・。
地・水・火・風・空なら五輪塔だがここでは岩・水・林・風・空というところがモチーフのようだ。
五輪塔などと書いたのはこの映画「目的」が無いだけに哲学的、デストピアであり、ユートピア。
しかし、見終わって見ると、今の時代はこんなものかなと思ってしまう。
目的・筋書き・ドラマ・カタチがない。
そんなユートピアは高齢者のものだろう。
しかし、この映画は若者たち生み出すフィクションであるとしたらデストピアが相応しい。
目的はモノのことではなく、期待、あるいはコトのことだから。
若い制作者、大力拓哉、三浦崇志、松田圭輔が作るカタチに期待する。

2017年9月6日水曜日

ブランカとギター弾き


「ミョノンと竪琴弾き」をイメージさせる、悲しいが、爽やかな映画。小説や絵画ではなく、映画のみが表現できる、さしたるドラマもなく、言葉少ないリアルな世界が描かれている。フィリピンのバラック街を舞台とする、ドキュメンタリー作家によるファンタジー。

クルマも少なく、Tシャツと短パンの人々が行き交う、淡い土色に煙った雑踏。安物のアクセサリーとカラフルな晴れ着で着飾ったゲイや娼婦たちとビニールシート張りのテント屋根がその水彩画に彩りを添える。稼ぎ場である広場には屋台とゴミと野宿のベンチ、遊び場である水辺は涼やかだが水は汚れている。どの場面も、そこには一切の嘘も無駄もなく、親もない、家もない、子どもたちの現実がもの悲しい詩篇として描かれている。