2017年3月29日水曜日

アメリカ大統領選の記事とポール・オースター

トランプが勝ったのではない、メッセージのないヒラリーが負けたのだという内容。民主党は長年政治に携わってきたインサイダーに頼り、それに固執すらしてきた。今回のトランプの勝利はそんなアメリカに於ける、グローバル化の疲弊に巻き込まれているポピュリストの抵抗であったと言うことだ。さらに踏み込めば、左派のポピュリズムは「エリートやエスタブリッシュに対立する人々」を擁護する部分では同じだが、右派のポピュリズムは「左派のエリートは移民、イスラム主義者アフリカ系アメリカ人過激派といった第三のグループを甘やかしている」と言って非難する。

今回の選挙でメッセージすべきは、まず、80年代のレーガンに始まるグローバリズムと脱工業化で疲弊した特に北部ラストベルトの人々へのメッセージ。そして、60年代以来、ニューディール連合崩壊によりすでに民主党を批判する南部サンベルト白人層へのメッセージ。民主党はすでに支持を失ったリベラリズムだが、いまだ固執するエリート、そのエスタブリッシュメントに対立する人々へのメッセージ。  ヒラリーは何もメッセージを持たなかった、ということだ。そして「トランプでさえ勝てた、2016年アメリカ。それはトランプが勝ったのではない、ヒラリーではアメリカはもう持たない。ヒラリーにはもはやメッセージがなかった。ヒラリーは社会階級より多様性に偏っていただけだ。得票数は上回ったが、北部ラストベルトでの敗退。黒人層における民主党と共和党との票差は僅かだが、彼女は貴重な64人の選挙人を失ってしまった。

このキャラベルの論点は日本のメディアはあまり触れていない。それをポピュリズムの勝利と呼ぶのは容易だが、彼らはむしろ歴史的にはいつも存在したリアリストであり現実主義者であったと言って良い。一方、ヒラリーは政治的には相変わらずリベラルなアイディアリスト理想主義者、彼らの持つ多様性に頼っていたのだ。グローバリーゼーションと脱工業化から置き去りにされた階層へのメッセージは今や、アメリカばかりではなく、EU諸国でも問題となっている。事実、EUが創り出したのは一つの共同体ではなく、グローバルな巨大市場過ぎないのだから。その市場は冷淡で、裕福な人々、そして金融市場と大都市にうまく接続した人々を喜ばせようとする以外の意志は、いまやどこにも見当たらないというのが現実であろう。

ヒラリー敗北を簡約すればこんなところ。ジェローム・キャラベルの論点で興味深いのは冒頭にあるインサイダー、リベラリズム崩壊の歴史だ。その詳細は添付した本文から読み取れるが、興味深いのはアメリカの崩壊はジョンソンの60年代に始まるが、決定的なのは80年代のレーガンの新自由主義と規制緩和、小さな政府による社会問題の市場化にあった。(日本の衰退はその20年後、小泉政権の新自由主義と規制緩和に始まったと言われる)崩壊はレーガンからブッシュに持ち込まれ決定的となる。途中、クリントンは中国の人権問題に派生する最恵国待遇見直しにより当選したが、中国主導の世界経済を迎え、何もなし得なかった。クリントンを引き継いだオバマだが、彼もまた絶えず晒される経済問題への対応にすべての時間を奪われ、チェンジを果しえずトランプ大統領と交代する。そして現在、民主主義は圧倒的に後退し、世界は均質平等に支えられた経済市場主義を引き継いでいるのである。

アメリカの崩壊はベトナム戦争の60年代に始まる、という話は雑誌等でしばしば目にしていた。一方、建築におけるモダニズムの終焉もこの時代。これ以降、デザインはポストモダニズムの建築と言われている。さらに大きな変化はレーガンの80年代、新自由主義、市場経済のグローバル化と機械生産の停滞による脱工業化時代の始まり。このル・モンド電子版の記事を読みながら、終始、頭をよぎっていたのはアメリカの小説家ポール・オースターの幾つかの作品だ。82年「孤独の発明」を書き、詩人から小説家に転身、その後ニューヨーク三部作で「エレガントな前衛」と呼ばれた人気者。彼はポストモダン特有のある種の知的悲劇性を持った作品を書き続け、ボクにとって毎年、新翻訳を楽しみにさせる貴重な小説家のひとりだ。

そんな、彼の本で最も最近読んだのは「ブルックリン・フォールズ」。読みながら、考え続けていたのはこの「フォールズ(愚行)」の意味なのだが、ジェローム・キャラベルのこの記事はその意味を明らかにしているのかもしれない、と考えてしまった。いや、決してポピュリズムが愚行だと言いたいわけではない。小説の中の人たちも何ら具体的な愚行を犯している訳ではない。「ブルックリン・フォールズ」だけでなく、前作「オラクル・ナイト」や92年の名作「リヴァイアサン」からも見えてくることだが、オースターの言う愚行、それはリアリスティックに生きる現実主義とアイディアルに生きようとする理想主義の格闘を意味しているのではないだろうか。いや、この格闘は決して対立ではない、むしろ、融和しようとする行為を意味している。対立ではなく融和だからこそ愚行と書くしかないのだ。

オースターはありのままのニューヨークという現実の上に、現実主義と理想主義をいつも並列し、虚構化している。そこから生まれてくる悲劇性は決して涙を流すものではない、愚行としか言いようのない悲しみなのだ。実なるオースターはエリート的リベラリストだが、彼は決して理想主義だけを小説にする事はない。さりとて、リアリストに媚びを売るわけでも同情するわけでもなく、そこに対立が見えるとさりげなく融和を愚行として描いている。まだ未読だが、机の上にカバーのかかったままの「冬の日誌」がある。2017年2月25日発行、この書にはポストモダニズム・アメリカのどんな愚行が書かれているのだろうか。

大衆が起こしたポピュリストの叛乱 アウトサイダーの年

201612ー>政治ジェローム・キャラベル(Jerome Karabel

http://www.diplo.jp/articles16/1612-1outsider.html

コメントを投稿