2016年10月25日火曜日

電脳術時代の思考

Innovation Nippon2016 セミナーに参加した。
テーマは「米国大統領選挙にみるiTと選挙のイノベーション」。
各論の感想はともかく、その聴衆としての全体的印象は以下のようなもの。
ITメディアによる情報時代の選挙は「共感と感情」が優先される。
メディアにみる電脳術の時代の選挙は従来の様相をことごとく変えて行くに違いない。
しかし、ここでの問題は、メディアとコンテンツの関係、このテーマはもちろん選挙だけに関わることではない。

選挙では当然だが、電脳術時代の多くの事柄について、思考停止したコンテンツの氾濫はポピュリズムの風を巻き起こすばかりとなってしまうのだろうか。
ルネサンスの印刷術時代のペーパー情報の役割は文学・哲学・芸術を一般化したことにある。
そして18世紀、市民社会の思考が近代社会を創生した。
聖(宗教)俗(貴族)にある権力者の特権的情報と思考が大衆化され民主主義が生まれたのだ。
しかし現代社会、その基盤である民主主義が形骸化し歪み始めている。
従って、電脳術時代の選挙をテーマとするなら、再度「思考の大衆化」がテーマとなる。
一方、中立を強調する既存のマスメディアではすでに、新時代のメディアの役割を失っている。
今、問われるのは「電脳術時代の思考」と言うことのようだ。

コメントを投稿