2016年8月29日月曜日

ルル 

舞台空間でのオペラではなく、絵画空間の中のオペラという印象。初めて聴くベルクの十二音音楽オペラだが、歌もオーケストラも19世紀の音楽と大きく隔たるものではなく、決して難解でも違和感もない。音列、リズムは新鮮で、ダンスや絵画的映像ともシームレス呼応しとても気持ちが良い。

舞台はベルリンの踊り子ルルがベルリンで殺人の罪で捕まり、脱獄しパリに逃れるが、娼婦になり、切り裂きジャックに殺されるというドラマ。
近代都市に投げ込まれ、男性たちに翻弄され生きざるを得ない女性の物語だが、その方法はルルを鏡面とするそのウチと外。ベルリンとパリという二つの都市、どちらを真としても良いのだが、その反転の偽も同じ歌手に演じさせ、ルルの享楽を描いているところが面白い。

頽廃と堕落の近代は男性主導の都市イメージ。18世紀のロココ的文化サロン、室内空間によって展開された女性尊重の時代に比べ、19世紀は男性的都市時代の始まりと言って良いのかもしれない。
資本主義が徹底され、どこの都市も経済機能主義によって逞しく拡大するがその内実は頽廃と堕落。
しかし、オペラにはまだ、汚染されたモダニズムとは異なり、人間都市の持つアンニュイな居心地の良さも表現されていて面白い。

20世紀初め、ドイツのある町。町で出会った少女ルルを連れ帰って育てたシェーン博士は、彼女に惹かれながらも官僚の令嬢と婚約し、ルルは医者のゴル博士に嫁がされる。
男という男を魅了するルルは若き画家と浮気をし、その現場をゴル博士に目撃させ、医者はあっけなく悶死する。
やがてルルはシェーン博士の妻の座を手に入れるが、相変わらず、男女を問わず奔放な関係を続けるが、逆上したシェーン博士はピストルを突きつける。
結果は逆に博士はルルに殺されてしまう。投獄されたルルは同性愛の友、ゲシュヴィッツ伯爵令嬢の手引きで脱獄しパリに逃げるが、この都市ではもはや、ルルと令嬢は体を売るしか生きる道は残されていなかった・・・。

指揮:ローター・ケーニクス 
演出:ウィリアム・ケントリッジ
出演:マルリース・ペーターセン(ルル)、スーザン・グラハム(ゲシュヴィッツ伯爵令嬢)、
ヨハン・ロイター(シェーン博士/切り裂きジャック)、
ダニエル・ブレンナ(アルヴァ)、
マルティン・ウィンクラー(力技師)
ポール・グローヴス(画家/黒人)
フランツ・グルントへーバー(シゴルヒ)

コメントを投稿