2016年5月3日火曜日

都市はインテリア、インテリアは都市広場。

最近の都市と建築、そのデザインはどこかイタリア・バロックに似て、外部空間の内部化、いや、内部空間の外部化ではないだろうか。

チェーン店が連続する商店街は最近ますますショッピングセンターのモールのような様相を呈ししつつある。その外部空間は色とりどりではあるが、どこの商店街もどことなく画一的な街路。その印象は駅のコンコースや大きなショッピングセンターのモールと変わらずインテリアデザイン化された街路なのだ。

都市を構成する新たな高層建築のデザインもまたしかり。様々なかたちで構成される建築は、デザインコンセプトが不明のまま、薄い石やガラスやパネルで被覆されるばかりでどことなく画一的。一方、単調なショッピングモールに時に、目立ちたがり屋のショップが奇抜なデザインで自己主張するように、新しさなどはどこにもなく、これが建築かと驚かされる奇抜な形態で一体感ある街路の雰囲気を乱している。

外部空間の内部化、内部空間の外部化は本来は手法の良し悪しではなく、方法の問題だ。キリスト教聖堂の内部空間である身廊はミケランジェロによりカンピドリオ広場のデザインコンセプトとなっている。この広場は内部空間が外部化され造られたもの。ベルニーニのサンビエトロ広場もまた屋根のない大聖堂の内陣として作られた。さらに、白と黒で塗り分けられた18世紀のノッリのローマ地図を見ると都市広場も街路も聖堂の内部空間もすべて白抜きで示される。バロック都市ローマは、建築を構成する壁や柱やアーチは内部と外部どちらも同じ形状でデザインされ、すべてが公共空間であることが示される。

最近の都市と建築のデザインは商業主義を勝ち抜くための差別化の手段。そこにはデザインの基盤となるテーマもコンセプトもあるのだろうが、商業主義と人間主義では方法が異なる。巨大モールや都市広場のインテリア化、あるいはインテリア空間の都市化・広場化の評価はまず、享受する我々がそのデザインのコンセプトが何であるかを読み取ることから始まる。デザイナーが何をかたり、何をメッセージしているか、そのコンセプトが示されないデザインは、仮に個人的には好みであったとしても評価の対象とはならない。

大手町AMAN

新緑の丸の内仲通りは連休だが、いつも通りオープンカフェは賑わっている。この通りを歩いていて思う、ここは街路というよりショッピングモール。しかし、高級店が連なるこの街は道幅のバランスがよく、緑が豊富、クルマのエンジン音も店からの騒音もなく居心地が良い。よくデザインされた都市型散歩道と言えるだろう。 
日比谷のペニンシュラから始まる仲通りは現在、大手町ビルで終わっている。
やがては、さらに延長されると聞くが、永代橋通りを渡った現在の最北端地区に200m級の超高層建築が姿を現した。この辺りは仲通りとどう繋がるかが今後のポイント、超高層の足元は「大手町の森」としてを計画されている。 

14年12月に完成した大手町タワー33階のAMANのラウンジはおすすめだ。ホテルAMANはこのフロアより上層部全体を占め、都市型リゾートホテルを目指している。デザイナーは今や人気のケリーヒル。
彼は事務所をシンガポールに構えるオーストラリア人建築家。 彼のデザインはテーマがわかりやすく表現されていることで有名。
このラウンジは大きな都市広場を高い吹き抜け天井で覆うという形状。そして、テーマは「和」、高い天井から降り注ぐ優しいひかりが決め手となる。壁面は火口岩が黒色に染色され、その感触は木材以上に柔らかく、全体は紙障子からの光に包まれる和座敷という雰囲気。まさに小説で読む谷崎潤一郎的世界が表現されている。
久し振りに意味のあるメッセージを持った豊かな空間に出会った、という印象がこのラウンジをおすすめした理由だ。