2010年4月7日水曜日

不退寺・法華寺


奈良二日目は気温が下がり小雨が降る旅先としては最悪の一日。 薄手だが風よけとなるコートを着込み8時過ぎにホテルを出る。 JR奈良駅から乗ったバスの行き先は不退寺、初めて拝観する。 一条通りのバス停に一人降り、朝の奈良に向かう通勤ラッシュのクルマを歩道橋で交わし住宅街に入ると、そこは突然古寺の参道。 開門前の門前は冷たい雨、境内にも人影は見えずレンギョウや椿が咲き乱れ、 たわわにに咲く大きな桜の木が春爛漫を謳歌している。 この寺は在原業平が開基したとある。 寄せ棟の小さなお堂には木造の聖観音菩薩立像と五大明王像。 鎌倉時代の明王と聞けば激しい忿怒をイメージするが、ここの仏は顔かたち仕草ともおとなしい。 再び一条通りに戻り国道バイパスを渡るとほどなくまた古びた寺の山門に着く。 光明皇后の総国分尼寺と位置づけられる法華寺だ。 現在の寺域はもともと皇后宮地の一端にすぎず、名前のみをここに持ち込み、 光明皇后崩後一周忌の阿弥陀浄土院がこの寺の本来の姿のようだ。 しかし、その後の戦火で衰退したとは言え秀頼と淀殿の寄進で再建され、 現在は華道の方々の精神的よりどころとなっている所。
境内に入ると、ちょうどその日、関係者の大きな法要があるそうで、 寒空とあいにくの雨の中、本当に法要なの、と疑ってしまうほど、 あでやかな沢山の和服姿が咲き誇る花に負けじと華やいでいた。 そんな寺であるから、ここの見せ場はなんと言っても名勝庭園。 ボク自身の拝観の目的は秘仏とされ、今日までが特別拝観と教えられた十一面観音像だが、 その色彩豊かな仏もさることながら、小さいながらの桃山時代の庭園には圧倒された。 大げさな書き込みとなったが、昨年の秋の京都では期待していた庭園、どこも手入れが悪く、 そのみすぼらしさに驚かされていたから。 雨の中、しきりに落ち葉を集める庭師に、その手入れの良さを褒めたくて声をかけると。 「京都の庭には、落葉樹は植えられておりませんので、こんなに汚れることはないのですが、奈良の庭はどこも大変ですわ」とのお答え。 このおじさん、地を這う杉苔を傷つけないように、毎日毎日丁寧に庭を掃き続けていたのだ。 したがって、格別の昨夏の苔の傷みに対し、人知れず心を痛め、春になり慈しみ続けてきた成果に彼はいたく満足げであった。
コメントを投稿