2015年7月29日水曜日

美しき五月

クリス・マルケルが亡くなって、2年を経過し、パリはシャルリー・エブド襲撃事件を経験した。 50年前はともかく、彼の映画は現在一般市民の間で大評判と聞く。 100年前の第一次大戦で近代戦の恐ろしさを実感したパリは、 その後、ヒトラーの侵略には全面戦争で対峙することはなく、 全国土はナチに蹂躙された。 今日の映画は「美しき五月」お茶の水のアテネフランセ。 この映画は50年前に作られたアルジェリア戦争後のパリをドクメントしている。 イブモンタンの声とルグランの音楽。 ボク自身はまだ学生服、しかし、他者に対して著しく関心を持ちだした頃のこと。 フランソワ・トリュフォーのヌーベルバーグに魅せられていた。 「美しき五月」から思い出したのは場面はローマだが、アランドロンとモニカ・ビッティの「太陽はひとりぼっち」。 50年前のパリ市民たちが語る平和は、 第二次大戦やアルジェリア独立戦争を政治的終結させたことを意味するのか、 いや、シャルリー・エブド襲撃前のパリの平和のことなのだろう。 映画に登場するパリとパリ市民、それは現在の日本、そして大都市東京に酷似している。 シャルリー・エブドのテロを体験したのは現在のパリ、 しかし、東京は幸いまだテロにはまみれていない。 今日のアテネ・フランセでこの映画を共に見る若い人たちに、 何事もなかれといのるばかりだ。

コメントを投稿