2015年2月23日月曜日

はじまりのうた

先週もまた、いい映画に恵まれた。新宿ピカデリーはインターネットでスポット予約ができる。そのときはまだガラガラだったので、空いているかと思いきや、暗くなりかけた場内は満員だった。当然ながら、この映画も若い女性とカップルが主流、しかし、飲んだくれていた音楽プロデューサーの旦那が改めて妻と娘に迎えられるハート・ウォーミング・ドラマでもあるので、ボクを含め、オジサンおばさんも少なくない。 映画は文字通り「はじまりのうた」だ。何が始まるか、それは映画を見るしかない。キーラ・ナイトレインばかりが評判の映画だが、恋人に裏切られ捨てられた美貌と美声の歌手を演じての『BEGIN AGAIN』(原題)だからしかたがない。しかし、やっぱりこの映画はどこまでも素晴らしい。何故かって、詩なんだ。歌はクラシックもポピュラーもすべて詩が生命、というのがボクの持論。ここ言う「詩」とは言葉のかたち、言葉の持つ感情的直接的意味ではなく、かたちが想像させる異種の空間。体感的空間と想像的空間が重なった世界のことだ。 ニューヨークを舞台にした街の歌、それはすべて間違いなく、今の人々が夢見ている「都市の詩」。彼女に出会ったダン・マリガン、彼はすでに酒だけでなく、行く年に身も心も侵されている。そんな彼がもっとも探しているもの、あるいは探し求めているもの、それは「都市の詩」、失意のグレタ、彼女自身の世界なのだ。多分この映画は悲劇でも喜劇でもない恋愛劇、「都市の詩」に恋をしたダンのうた。

コメントを投稿