2014年12月20日土曜日

誰よりも狙われた男 ジョン・ル・カレ

「誰よりも狙われた男」 ジョン・ル・カレ
「誰よりも狙われた男」もまた悲しい男たちのドラマ。
冷戦時代のスマイリーに代わりテロにまみえるゼロ年代のエスピオナージ、まさに時代はビッグ・ブラザーからリトル・ピープルへというところだ。
スパイなどという前世紀のヒーローはもはやどこにも登場しない。
登場する誰もがみんな、どこにでもいる小粒な組織人間。
何のためか、誰のためか、主義も目的もなく、いや対する敵すら誰なのかも想像出来ない男たち(一人女性がいたCIAだ)のドラマ。
そんなエージェントたちはただただ弱いものを追いつめていく。
映画を観て後の小説の読書は、映画ではカットされている部分もきめ細かく描かれていて、やはりル・カレの世界は小説の方が一枚上だ。
しかし、この映画ではほぼ全編、省くことなく映像化されていたと思う。
物語はドイツのハンブルグだが、この都市はル・カレの60年代べストセラー「スマイリーと仲間たち」の舞台でもあった。
ル・カレは作家になる前、この都市のイギリス領事館に努めていた。
だから、何処でも起こり得るこの悲劇にハンブルグが選ばれたのだ。
彼の小説は特にそうだが、エスピオナージでは、登場人物のキャラとドラマの舞台となる場所(時間・空間)が特に大事だ。
人間の悲喜はすべて舞台となる都市風景と親密にシンクロするのだから。
しかし、この映画の悲劇はもはや世界中のピップな都市なら何処でも起こるだろう。
集団的自衛権や特定秘密保護法を持つ東京や大阪でも。
グローバル/ネットワーク時代、いまやテロリストは誰かは問題ではない。
見えないテロに右往左往するリトルな人間たちが都市を走り回る恐怖(テロリズム)だ。

コメントを投稿