2014年3月25日火曜日

アイーダ

アイーダ・オペラ座ライブビューイング
先週末のオペラ、 アイーダ・オペラ座ライブビューイング もまた、とても興味深い内容。

古代のエジプトとエチオピアの話しのはずだが、どうやら今日のオペラは19世紀と現代ローマが重ね合わされた演出。そして、筋立てには関係なく「 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂」が炎上する。

ビックリ続きの「アイーダ」だが昨晩、「評伝ヴェルデイ:草思社」を読み返して見て少し理解できた。正当なファンはともかくとして、ディレッタント好みのボクにとっては大満足の演出だった。


演出家であるオリビエ・ピ氏の目論みは権力と宗教に蹂躙されたリソルジメント・ローマの炎上にある。つまり、彼は作曲中のヴェルディの怒りをこの「アイーダ」の上演に被せたのだ。


序曲が終わるとイタリア国旗が振られ、19世紀の士官服と現代のソルジャーの迷彩服を着た軍人たちが登場する。

舞台背景は黄金の三段のコリドール。その高みに立つのはエジプト王と神官、いや、エマヌエーレ二世とローマ法王だ。舞台は回転し、権力の象徴となるメタリックな黄金の宮殿が度々現れては消える。

国家統一期のイタリア、ヴェルディはリソルジメントのさなかに多数の傑作オペラを作り続けるのだが、市民派の彼は同時代の権力と宗教、ゲルマン権力やイタリアのエマヌエーレ、ローマ法王は大嫌い。普仏戦争でフランスが負け、 エマヌエーレが強引にローマを併合し首都にしたことは許し難かったのだ。


このオペラはスエズ運河開通を祝う祝典オペラとして作曲されている。時のシャリフの依頼、初演はエジプトのカイロ劇場。ヴェルディはワーグナーに対抗し古代エジプトを題材とし、エキゾチックなオペラをつくる。

将軍ラダメスと女奴隷アイーダの恋に、エジプト王女アムネリスの嫉妬の炎と、敵国の王でアイーダの父アモナズロの計略が絡んで壮大なオペラとして展開されるが、最もヴェルディが力を入れたのは4幕だ。


専門家には批判されたが彼は音楽だけではない、詩まで書いている。またこの幕はワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」にも比較される。ヴェルディはイタリアの永遠の「愛と死」を描いている、「ダンテとベアトリーチェ」のような。


メトロポリタンに引き続きパリ・オペラ座もライブビューイングを始めた。今年の最初の公演が「アイーダ」。そして、このオペラ上映が出来たてのTOHOシネマズ日本橋と知り、早速、出かけることとした。


シネマズの「アイーダ」はスクリーン4。190席の館内は横幅一杯の大画面と天井にまでしこまれたスピーカー。館内が震えるほどの大音響。アイーダのようなドラマチックなオペラの上映にはピッタリ。H2という壁側スロープ後方に席を占めたが、まだオープン5日目では空調の調整が悪く、風音は無いが暑かったり寒かったり、空調屋さんは音響さんのようには調整が出来てはいない。


そんなことはともかくオペラに戻る。ウクライナの美女ソプラノのオクサナ・ディカがアイーダ、アルゼンチンの人気テノールのマルセロ・アルバレスがラダメス、そして、今日のボクのお目当ては実力派メゾ、ルチアーナ・ディンティーノのアムネリス。


ヴェローナのような野外劇場では実物の馬まで登場するスペクタクルで壮大な「アイーダ」だが、このオペラには随所に繊細な呻吟や心理的格闘が絡んでいる。聴きどころは何と言っても終幕の重唱。ラダメスとアイーダの永遠の愛に重なって響くアムネリスの嘆き。アムネリスはドラマチックであり恐ろしく繊細、それを表現するのがイタリアのディンティーノ。「ドン・カルロ」がお気に入りでDVD(youtubeにはアップされない)で彼女が歌う「エーボリ公女 」はまさに大事な作品。そんな彼女がドラマチックにそして繊細に歌う「アムネリス」が今日の最大のお目当てだったのです。

Google Keepから共有

コメントを投稿