2014年2月21日金曜日

三四郎 夏目漱石

電子本で久しぶりに出会った「三四郎」は全てがノスタルジー、昔々の薫りがした。
当然ながら、三四郎は決して自分を先に出すことはないが、単純素朴な田舎者ではない。
「坊ちゃん」も同じだが、描かれているのは田舎や都会ではなく、複雑多面な新生活の中にある、様々なスタイルだ。
それは我が身も昔は持っていたであろう、新世界における遊民的なライフスタイルと言って良い。
漱石は夜汽車で隔たれる熊本あるいは京都との空間差を物語の基底に据え人物模様を描いていく。
チンチン電車で東京をさまよう男や女もまた空間に縁取られた様々な心情風景を表出する。
つまり、漱石は近代的風景を立ち至る空間のイメージと人間が放つ言葉や行動を重ね合わせ、全く新たな想像世界を描いていたのだ
ノスタルジーと書いたのは、かって子ども心に「三四郎」や「坊ちゃん」の遊民生活に憧れていたからに違いない。

「ある日の午後、三四郎は例のごとくぶらついて、団子坂の上から、左へ折れて千駄木林町の広い通りへ出た。 秋晴れといって、このごろは東京の空もいなかのように深く見える。 こういう空の下に生きていると思うだけでも頭ははっきりする。 そのうえ、野へ出れば申し分はない。 気がのびのびして魂が大空ほどの大きさになる。 それでいてからだ総体がしまってくる。 だらしのない春ののどかさとは違う。 三四郎は左右の生垣をながめながら、生まれてはじめての東京の秋をかぎつつやって来た。」 

熊本の第五高等学校を卒業し東京帝国大学に入学し、上京した小川三四郎、なんとも気持ちの良さそうに本郷周辺を散歩する。 
実際の漱石は我が家の裏(市ヶ谷)、牛込育ち。 子どもの頃から漱石は本よりも早く、その名前が残された町名や公園、坂道や遺跡で馴染んでいた。
 
東大卒業後、愛媛松山や熊本で教師を勤めるが、彼には田舎生活はこたえたようだ。 その体験は「坊ちゃん」に書かれている。 やがて朝日新聞に入社し、東京に戻った漱石、場所を得た彼はその愉しみを「三四郎」や「それから」に克明に描いていく。 
わが家周辺は「それから」や「硝子戸の中」の直接の舞台だが、三四郎は当然、漱石の学生時代、本郷から東の駒込あたりまでがメインステージ。東片町、西片町と今でも町名が残る、広田先生の住居を中心に物語が展開される。 
物語と言っても特に大きなドラマが展開される訳ではなく、校内の池で出会った真砂町の美禰子とその兄、幼馴染のお光さんや安月給の理科大で光線圧力を研究する野々宮くんとその妹、広田先生の押しかけ書生のような佐々木与次郎等々が、長閑で多彩な人間模様を描いていく。

コメントを投稿