2013年12月24日火曜日

正弦曲線 堀江敏幸

「いまだ出会わぬ出会い、まだ見ぬ出会い、この構図はまさに本との出会いそのものではないだろうか」と書かれた堀江敏幸の「恋の領域」。何年も前に出版され、一度も読むことなく自宅の書棚に置かれ、そのまま忘れさられていた「正弦曲線」がたまたま文庫になり、昨日、駅前の書店で再度購入し、気が付かず読み始めた。そして、「まだ見ぬ出会い」に出会ったようだ。彼の本は本当に素晴らしい。 「正弦曲線」も例によって小説ではない、エッセーだろうか、いや「散文」だ。 しかし、どの掌編も深い、優しい、美しい、静かだ。 堀江敏幸に恋をしているわけではない、「本」に恋をしているのだ。 Google Keepから共有