2013年10月20日日曜日

彼岸過迄 夏目漱石

森本に始まって松本で終わる長話を読んだ。 漱石はたくさん読んだつもりだが、「彼岸過迄」は初めてだ。 内幸町、小川町、矢来町、本郷に住む6人の男の物語。 時間も空間も明確に描かれるこの長編、しかし、映画にはならないだろうな。 画にするのは難しい、どこまでも微妙な男の内面。 そう、やっぱり、漱石は微妙だよ。 絵になる「それから」のほうがボクの好みだが。