2013年3月14日木曜日

古楽コンサート、フィレンツェの春 


アントネッロのコンサートは誘われていたが、いままでタイミングが悪かった。 はじめて文化会館小ホールで聴かせていただいた。 とても楽しい演奏会で 「フィレンツェの春」と題した第9回定期公演です。 今日は15世紀のフィレンツェのロレンツォ・デ・メデォチに関わる音楽ばかり、フロットラ、シャンソン、謝肉祭歌、ラウダという当時の貴族のサロンや都市広場で歌われた世俗曲が大半で、宗教曲はただ一曲ロレンツォ追悼のモテトゥス。 楽師といって良いだろう演奏者はカウンターテナーと二人の歌手を含めて全部9人の演奏者たち。 楽器も日本では少ないというリラ・ダ・ブラッチョを含め12種という豪華版。 ちなみに、リラはレオナルド・ダ・ヴィンチが得意とした楽器という紹介。 そういえば、彼がミラノに行ったのはまずはリラ奏者として招かれたからと書かれた本を思い出した。(音楽家レオナルド・ダ・ヴィンチ) 会場は文化会館小ホール、決して大きくはないがやはり古楽器、どうしてもその音が繊細なだけにこの会場でも聴きにくい。 折角の珍しい楽器、その形状も面白いので、もっと前のシートを確保すべきだったと悔やまれた。 しかし、楽器だけではなく音楽も多彩、世俗曲と言ってもラウダは礼拝堂でも歌われやや敬虔、フロットラは後のマッドリガーレに引き継がれる詩の内容を重視した宮廷での楽曲、謝肉祭歌は文字通り謝肉祭、春を迎える広場でのダンスを興じるリズミカルでにぎやかな楽しい曲。 解説ではメディチ家の御曹司ロレンツォは若い頃からポリツィアーノ(ルネサンス最大の詩人)やフィッツィーノ(後のフィレンツェ・アカデミーの創設者、ネオ・プラトニズム研究者)とは遊び仲間で、いつも彼らとまさに「フィレンツェの春」を謳歌する詩や音楽そしてダンスを楽しんでいたようだ。 有名なロレンツォ自身がシンガーソングライターとして後世に残した「若さとは何と美しいものだろう・・・」と歌う謝肉祭歌「バッカスとアリアドーネの勝利」がまず前半に演奏され、後半には、遊びが過ぎてやや早死にだった彼の追悼歌。 それは詩人として大成したポリツィアーノによるモテトゥス「誰が我がこうべを濡らさんとするか」が紹介された。(作曲はハインリッヒ・イザーク) しかし、今日、ボクの知る作曲家といえばジョスカン・デ・プレのみ。 ルネサンスを代表する作曲家でそのモテトゥスとシャンソンは有名だが、今日は話には聴いていた「コオロギ」がエンディングとして演奏された。 この曲はフィレンツェではなくミラノで作曲されたもの。 フランスのシャンソンとは異なり四声曲だが、当時イタリアで人気になりかけていたホモフォニックなフロットラとして作曲され、その親しみやすさと、コオロギの鳴き声までを模倣しデ・プレが音楽に取りいれた有名な曲。 その演奏はまさに、今でいえばノリノリのクラブ音楽だ。 「コオロギ」には逸話があり、本当は支払いの悪いパトロンであるミラノのアスカニア公にデ・プレがコオロギに託して報酬を催促した曲。 この事実を偶々知っていたので、エンディングを聴いた今日のコンサート、まさに演奏者グループ・アントネッロのユーモア精神までも充分に理解、おおいに楽しませて頂き、拍手喝采して会場を離れた。 次の機会がまたたのしみです。