2012年11月14日水曜日

白夜

恋に恋する男の話など、オペラにはつきものと思われるだろうが、そんなことはない。しかし、最近の小説や映画には多いのかもしれない。 70年代に70台のロベール・ブレッソンが作った「白夜」をユーロスペイスで上映中と知り、観てきた。 館内は若い男性が多いようだ。 評判どおり良くできた映画だ。 ぼくの好みでいうと音と音楽が良い。 ブレッソンが描く大都市パリを象徴するものは、煌々とした光ではなく音なのだ。 この映画では靴音、クルマの疾走音と水音、セーヌを渡る水上ボートからの、あるいは河岸で演奏されるギターとパーカッションと女性の唄が画面をリードする。 しかし、物語はいただけない。 そう、原作はドストエフスキー、ボクは彼の小説が好きではない。 殺してはいけないと自覚しながら何故、老婆を殺すか、戦争でもないのに。 そんな「罪と罰」に高校時代、辟易した。 だから、当然、原作は読んでいない。 ジャックと称する主人公、彼はきっと恋に傷つくことはないだろう。 いや、恋されることもないかもしれない。 彼にとって女性はうつくしく、かわいらしく、はかなげではあるかもしれないが、リアリティある実態ではなく、言葉に過ぎない。 テープレコードの中の音としてのみの存在感なのだ。 「白夜」という題名は当たっている。 ブレッソンがこの映画で意味するもの、それは恋ではなく、スクリーン、男がよく見る幻像だ。 美しくさえあれば誰女でもよい。 ジャックは決して不誠実ではないが、恋する事は決してない。 きっと恋されることも無いだろう。
コメントを投稿