2012年9月9日日曜日

ノイズ ジャック・アタリ

建築史を検討するとき、自流のポイントは<想像的・聴覚的・視覚的>に建築デザインを読み取る、という点にある。そんな観点から、世界を捉える方法として、見取れられことより、聞こえてくるものとする、アタリのこの書は発行当初から気になっていた。
「音楽は予言的であるが故に、来るべき時代を告知する。」なんとも魅力的な書き出しだ。神保町の東京堂の書棚から即レジに運び読みだしたのが盆の頃。一心に読み続け月末には読了したが、残念ながらお手上げ状態。ボクの力では半分も理解できていない。とはいえ、悪戦苦闘の結果である、書き込まれた付箋代わりの赤線がほぼ全頁に渡って引かれている。一呼吸おいた週末、このままでは放っておけないので、気になった付箋部分だけでも後日の為のメモとしてブログに残すことにした。 

章立てはこの書の前書き的な概説部分「聴く」から始まり「供える」「演奏する」「反復する」「作曲する」と続く。音楽の理論書ではないので、この分類は音楽を直接的に説明するものではなく、むしろ時系列あるいは歴史的分類と言えるようだ。しかし、音楽史ではなく経済史いや情報史でもなく。>沈黙>騒音>音楽>騒音>沈黙>という音楽的世界の消費と需要と生産、その昨日・今日・明日。 何を書いているのだろう。

充分に読み取れていないとは言え、飽きずに読み通したのだから面白かったのだ、それも後半になればなるほど、特に「反復する」のあたりは真っ赤っか。話はブリューゲルの「謝肉祭と四旬節の戦い」から始まるが、ここもまた絵画の直接的な話ではなく「ブリューゲルは西洋絵画ではじめてわれわれに<<世界>>を見せるだけでなく、聞かせてくれた」。確かに論は全て個人主義と祝祭・謝肉祭に帰結する、そして彼は「作曲」という未来社会を凝視する。
コメントを投稿