2012年9月30日日曜日

バレエに生きる、パリ・オペラ座のふたり

ル・シネマの「パリ・オペラ座のふたり」を観る。 バレエを薦めてくれる人がいて、この2・3年、TVではよく観るようになった。 中でもルグリの「ドン・キホーテ」は印象的。 長らく、彼のyoutubeのクリップを楽しんだが、今はすべて削除されている。 そんな印象からこの映画はマークしていた。そして、雨の降る前に渋谷に向かう。 台風17号接近、館内は10人足らず、しかし、内容は期待通り、充分に楽しんだ。 映像はまず19世紀パリ大改造の目ダマとなった建築「オペラ座」。 今ではその設計者の名前からガルニエ座と呼ばれているが、 パリ・オペラ座の内部外部が克明に映し出される。 この建築の建設時はオペラが中心、しかしやがて、バレエの殿堂に変わる。 その建設と変遷はガルニエの師匠であるデュクをコンペで破る事から始まる「建築物語」として面白いが、今日のブログのテーマではない。 ドガが通いつめた「踊り子」の舞台だったとだけ言っておこう。 映画はこのガルニエ座で60年間踊り続けたギレーヌ・ステマーとピエール・ラコットの豪華で華麗なふたりの人生。 ただただうっとりするような音楽とダンサーたちが次々と舞う夢のような世界。 そんな世界が延々と今もまだ続いている。 思うに、都市も建築も美術も音楽もオペラも、この100年間に大きく変わった。 しかし、古典バレエを追求し続けるふたりのバレエ、それは今も生き、今後もきっと生き続けるだろう。 そして、疑問は何故?現代バレエも楽しいが、何故、まだ古典が生きているのか? 見終わった渋谷の雨と風と人ごみの中、ボケボケの脳内には何故何故何故ばかりが響き続ける。
コメントを投稿