2012年8月29日水曜日

「情熱と憂愁」展


白金の松岡美術館、今日が最終日というチケットをもらっていたので、「情熱と憂愁」を観る。
いいモノは逃さず観ると決めているが、この美術館はノーマークだった。
自然教育園裏の住宅地、目黒駅から10分余りの散歩はかなり暑かった。
しかし、いい美術館だ。
白井せい一の松濤美術館はお気に入りだが、隈研吾のこの美術館も見学者のことをよく考えている上手な設計だ。
1・2階とも大小いくつかの展示室はすべて中央ホールからアプローチするように作られている。
様々な作品的世界を徘徊する見学者にとって、とてもわかり易い空間構成。
都市もそうだが、レジビリティの優れた空間は見学者、体験者に親しみと安心を与え、快適な空間感覚をイメージさせる。

今日の展示はシャガール、ピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治、ルオー、ローランサン、ユトリロという松岡翁の自信のコレクションの展示。
ボク自身はユトリロの母ヴァラドンの作品を初めて体験し感激した。
ベル・エポックといわれるこの時代は音楽家のサティも含め興味ある画家・音楽家たちが皆、自由闊達に我が道を目指していた。
そんな彼らのすべてが恋人にしたとは言わないが、親しくなったのがヴァラドン。
しかし、彼女はいつも寂しかった。
彼女の心情が今日の「コンピェーニュ近くの古びた製粉所」から生々しく伝わってくる。
決して傑作ではない。
小さな小屋の脇の物干しの白い洗濯物を丁寧に描く心情、いくつかの本を読んでいるだけに、この絵を観て素直に納得させられた。

今日の初めての松岡美術館見学でもっとも関心を持ったのは、実は二階の企画展ではなく、一階の常設展。
エトルリア、オリエント、クメール、インド、中国そしてヘンリー・ムアやジャコメッティの彫刻群だ。
この美術館の目玉は松岡翁お気に入りの陶磁器類だろうが、ボクにとってはたくましいガンダーラの彫刻群は見慣れていないだけに目を見張ってしまった。
また来よう、秋になれば庭園美術館も近いのでいい散歩コースだ。