2012年7月13日金曜日

ミサ・ソレンネッレ 

先日の紀尾井ホールで紹介された今晩のコンサートはロッシーニの「ミサ・ソレンネッレ」。
オペラの作曲家ロッシーニが晩年書いた素晴らしいミサ曲の話は、かってこの作曲家に詳しい友人が教えてくれたが、全曲聴いてビックリ、こんな多彩なミサ曲は初めてだ。
日本語では「小荘厳ミサ曲」となっているが、どこが小か。
キリエからアニュス・ディまで14曲80分の大曲、小とは演奏がピアノ2台にハルモニウムというインドで生まれたオルガンだけの楽器編成だからということらしい。
ピアノが主導するので当然、教会用ではなく、オペラ同様今日のめぐろのような大ホールのために作られた曲。

今晩はコーラス・アーツ・ソサイアティ創立20周年記念演奏、男女1対2の構成の120人余りの合唱にソプラノ、アルト、テノール、バスの4人。
そして、ピアノとリードオルガン、1台づつ、まさにオペラ好きが楽しめる宗教曲演奏会と言えそうだ。
1曲めのキリエはピアノとオルガンの慎ましい合奏から、その始まりの軽やかさはいつものロッシーニの序曲。
そう、全曲聴いての感想だが、ミサとは神を崇め、神に祈ること、したがって、歌詞にもともと特別の意味があるわけではない。
つまりミサはラブソング、筋書きは聴き手が各々勝手に想像し、生み出す自由オペラと考えてよいのではないか。
(もっとも歴史から言えば、世俗に生まれたオペラは聖なる宗教的世界とは相入れないものだが)

貴重な演奏会、記憶のあるうち、聴き取った曲想だけを書き残して置こう。 
ピアノとオルガンの軽やかな絡まりから始まる第1曲のキリエは間違いなくロッシーニオペラの序曲。
2曲・3曲、グローリア・グラチウスと自己紹介のような合唱曲が続き、4曲目はドミネ・デウス。
この曲だけはyoutubeのパバロッティでよく聴いていた。
今日の歌い手、小貫岩夫氏もリズミカルで明るく楽しい。
5曲めのクイ・トリスはソプラノとアルト、宗教曲が持つ清潔感溢れる女声2重唱。
6曲目のサンクトスはバス、ドミネ・デウス同様にリズミカル、その低音は前曲2重唱を引き立てる。
バスは小松英典氏。
次の7曲めが前半の締めのようだ。
クム・サンクト・スピリトウは女声合唱を柔らかく男声合唱が包み込み、終曲のように優しく音が消えていく。

音楽の印象は男声が女声を包むように聴こえるが、配置は40人余りの男性を80人近い女声が囲んでいる、そう、空間配置と音楽の印象は逆のように感じられて面白い。
8曲目クレードはピアノだけの間奏曲的イメージ。
しかしイメージは次の9曲目のクルチフィクススで明快な形になり、ピアノ、オルガン、ソプラノによる不思議なアンサンブルが豊かになり響く。
そして10曲目のエット・レゾレクシット、合唱、ピアノ、オルガンに4人の重唱、神への祈りは、階段を駆けあがるように高まっていく。
11曲はプレリュード、ここでは多彩なピアノ独奏が高まりの中、朗々と歌う。
ロッシーニの時代はピアノの完成期、静かなモノローグのような音の連なりが印象的で美しい。
ピアノは竹村美和子さん。
12曲目のサンクトゥスはオルガンが印象的。
演奏は茂木裕子さん。
前曲との音の対比が何とも面白い。
13曲目はソプラノ独唱、オー・サルータリス・オスティア。
まさにシェーナ・カヴァティーナ・カバレッタで構成されるオペラ終幕のアリアそのもの。
ソプラノは釜洞祐子さん。
そして終曲のアニュス・デイはアルトがリード役。
歌は城守香さん。ボクの好みの音質、今日は終始素晴らしかった。
ピアノー>アルトー>合唱と曲は幾度となく回転し、繰り返される。
その中、よく響くアルトが全体を盛り上げ、息が詰まるような高まりの中、全曲は終焉する。
そして、大きく深呼吸、気がついたとき、ホールにはすでに大きな拍手が鳴り響いていた。