2012年3月30日金曜日

第九軍団のワシ 

「第九軍団のワシ」を観る。すでに聞いていたことだが、やはり映画はお勧めできない。これでは古くさい西部劇、余りにも単調平板な筋立て、サトクリフは浮かばれない。 まぁ、しかし、映画はエンターテイメント。大昔のイギリスそれも北方の谷また谷のハイランド(ロケ地はハンガリーとスコットランド)、その風景風俗は大画面で観る限り、ローマ時代の辺境を十分にイメージさせ大いに楽しませる。
 
「ワシ」はローズマリー・サトクリフのローマン・ブリテン三部作の最初の物語だ。60年余り前の戦後早々、イギリスで書かれ、本国のみならず世界中で重版を重ねた名作。 といってもサトクリフは児童文学作家。この物語の面白さは登場人物各々に人としての生き方の様々な選択肢を具体的に示し、やがて主人公たちがどんな困難に出くわしても、自己が選択した運命を逃げることなく受け入れて行く、その生き様にある。

2時間の映画では人間像もディテールも十分に描けないのは当然なのかもしれない。とは言っても余りにも安易に自由や名誉あるいは格好良さを押しつける制作姿勢には全く納得できない。 原作では結果ではなくプロセスがポイントなのだ。
今風のハウトゥもので終わらせないところが名作の所以。だからこそ、ボク自身もかって息子たちに読ませたいと思い買いそろえた。自分自身が反対はともかく勇気を持って選択し、その決断から生まれる困難に対し、怯むことなく友情を育み知恵を持って対処する。

映画はこのあたりが全く書けていない。原作では父の名誉は結局は回復されることはない。ローマ人グァーンは決して名誉の死など選択しない、彼は恥を抱えたまま家族とともに辺境で生き抜く勇気を示している。 
こんな感想を書きながらフッと考えた。息子たちはサトクリフを一度も手に取らなかったようだ。その証拠にボクの書棚の全五冊は20年余の間、位置も汚れも全く変わっていない。どうやら、生き様など押し付けるダサイ親父に対し息子たちは断固拒否を選択し、巣立って行ったようだ。(笑)
コメントを投稿