2012年2月17日金曜日

ドミンゴの「シモン・ボッカネグラ 」

今日もまた、ドミンゴのシモン・ボッカネグラを観た。映画版・銀座ヒューマントラスト、2010年4月のラ・スカラ。
まだ、Youtubeにはアップされていない。 前回のメトより数段良かった。どこが、全部だ。バレンボイムのオケ、舞台、歌い手たち、観客、すべてだ。

ドミンゴはここのところラ・スカラ、ロイヤルオペラ、ウィーン、メトとシモンを歌い続けている。もともとボクはシモンが大好きだが今日のは最高。
この悲劇にはいつも泣かされる、しかし、今日のシモンを観て人間ヴェルディが少し判った気がする。 
 指揮 ダニエル・バレンボイム
演出 フェデリコ・ティエッツィ
出演 プラシド・ドミンゴ(シモン・ボッカネグラ)、フルッチョ・フルラネット(ヤーコポ・フィエスコ(アンドレーア・グリマルディ))、アニヤ・ハルテロス(マリア(アメーリア・グリマルディ))、ファビオ・サルトーリ(ガブリエーレ・アドルノ)、マッシモ・カヴァレッティ(パオロ・アルビアーニ)、エルネスト・パナリエッロ(ピエトロ)
オーケストラ ミラノ・スカラ座管弦楽団
作曲 ジュゼッペ・ヴェルディ (2010年4月29日上演/本編約150分)
コメントを投稿