2011年5月28日土曜日

写楽展

5月26日、午後から上野、国立博物館の写楽展を観る。
平日の展覧会場はいつも、中高年の見学者でいっぱい。
しかし、今日は女性グループというより夫婦連れと男性客も多く目についた。
写楽は男性にも人気があるということだろう。
展示の前半は写楽以前の人気絵師たちによる歌舞伎役者のブロマイド。
歌麿、師宣、春章、清長、北斎と何でもござれだ。
弥次さん喜多さんを書いた十辺舍一九の絵もあったような気がする。
そしていよいよ、江戸の名物出版社、蔦重プロデュースによる写楽の登場。

まずは歌舞伎役者の大首絵と称する、写楽得意のクローズアップ作品群。
つづいて歌舞伎役者たちの全身の立ち姿。
大首絵が役者の表情をリアルに克明に写し取っているかと思うと、 ここでは身体の動きやひねりを画面いっぱいにレイアウトし、 役者たちの表情と仕草がその出し物における演技そのものを忠実に表現する構成となっている。 (歌舞伎に無知なボクには残念ながら、実際の舞台はイメージすることはできないが)
そしていよいよ、背景まで入念に描かれた画面がつづく。
それはまるで本物の舞台のように次々と横並びに展開されている。

今回の写楽展の見所は、戦災等により、もはや国内では残存しないが、 幸いヨーロッパで保存され、生き続けた沢山の作品が里帰りし、 同時に展示されたことにもある。
同じ版木から刷られ、フランス、ドイツ、ベルギー、アメリカ、オランダ等に散っていった写楽が会場では再び出会い隣り合わせに展示されている。
同じ版木でも刷りの違いからくる表情や表現の異なりを、見学者にも読みとってもらおう配慮されているのだ。
解説を読み、一通り見学した印象は以上だが、 見終わってみて何となく満足しなかった個人的感想を付け加えたい。
今日の写楽展は蔦屋重三郎が江戸時代に出版した浮世絵の集大成。
当然、部屋を飾る掛け軸や屏風あるいはふすま絵に比べれば作品は圧倒的に小さい。
手に取って個人的に楽しむものを、わざわざ大きな展覧会場で行列して眺めているという違和感は最後まで拭われることはなかった。
浮世絵と言うものに無知であるボクには、図書館で写楽の図版集を見ること以上の感想は生まれ得るはずはないのだ。
写楽の魅力は画面いっぱいの克明な表情とドラマチックな仕草、 それを小さな画面にたくみにレイアウトし、色数の少なさと合い呼応し、簡潔に表現したことにある。
しかし、曽我蕭白等が描く、見るものが立つ、生の空間をも圧倒する力は写楽には感じられない。
好きな江戸絵師たちの描く世界には、みな大きな空間が描かれている。
異次元あるいは想像のみの深淵な自然界だとしても、そこにはボク自身を包み込んでいく空間的一体感がある。
小さな版画あるいは画帳の一枚であったとしても、絵師が描く大きな空間に身を委ねたい。 決して天才写楽を疎んじるつもりはないが、ボクの好む絵師ではないなと結論し、会場を離れた。