2010年12月22日水曜日

絵になる都市

「新建築」12月号巻頭のエッセー、「絵になる都市づくり」。 建築家のみならず一度でもヨーロッパの都市を訪れた人が一様に思うこと。 それは「何故、日本の都市は絵にならないか」。 エッセーの内容はヨーロッパ歴史都市の賛美、彼らの保存活動、そして、今後の歴史的公共建築投資への期待。 相変わらずの内容だ。
「絵にならない」疑問と批判は明治以来の露伴や荷風を読むまでもなく今に引き継がれてはいる。 しかし、日本の都市は一向に絵にはなりそうもない。 デザイン力と技術力は進んだが、ボクたちの都市はますます思いと期待から外れていく。
ここで問題にしているのは視覚的都市のこと、居住環境や街づくりのことではない。 あるいはイルミネーションが一段と美しい12月の夜の東京のことではない。 都市は建築によって作られている。 その1つ1つの建築は周到にデザインされ、おのおのはみなそれぞれ「絵になる」ように作られている。 しかし、何故、都市は絵にならないか。

現代都市は貧しいのだ、建設資金は昔に比べれば問題にならないほど少額。 中世以来のヨーロッパ1000年の歴史的建築と都市に比べれば、20世紀の都市はどこも圧倒的に貧困、時間の蓄積にも耐えられない。 現代都市を一掃し、ゼロから新たに都市を建設しても、たぶん「絵にはならない」だろう、その貧しさも変わらない。
現代都市を生み出すもの、それは全て投資効率(RIO)の結果であって、かっての貴族や教会という権力者の資金による示威ではない。 建設投資はすべて市民のお金、それも投資効率の範囲内という条件付き。
現代都市を生み出すものは歴史や文化ではなく、経済でありその効率の結果に外ならない。 可能なのは膨大な資金と時間から生まれた歴史的建築の保存であつて、新たな建築から「絵になる都市」の建設は不可能だ。

現代都市の再構築はもはや「絵になる都市」という静止画に関わることではなく、可変的、動画的に関わることが課題。 その回答の1つが同じ「新建築」12月号のセントラル硝子国際建築設計競技の入賞作にあった。 (本題には関係ないが、このコンペ、面白いと思ったのは上位入賞者がいずれも中国人、韓国人であったこと。) 最優秀案は中国の秋天さんの「汚れない集合胡同」。
アイデアは既存の路地空間の外壁と床を新たな木材で覆い、半屋内のような公共の共有空間を生み出そうとするもの。 この計画案からは「絵にはならない」が新たな統一感のある生活空間が生まれることだけは確かだ。 そして何年かたち汚れたり痛んだりしたら、エーゲ海のミコノスの白壁塗りと同じように、また新たな板で張り替えれば良い。
つまり、これからの都市づくり、それは静止画のような「絵になる都市」を生み出すのではなく、動画のような「生きている都市」を継続することにほかならない。 時系列も読み、持続的投資効率の高い結果を生み出す方法が、都市を貧困から救う唯一の道であろう。

コメントを投稿