2010年9月29日水曜日

パドヴァ紹介のイベント


昨晩(28日)のイタリア文化会館はパドヴァだった。 都市の紹介とコンサート、会場は満員。 イタリア大使も参加してのイベントの盛況は、 現在のイタリア人気そのものを象徴している。 イベントはスライドレクチャーから始まった。 イタリア人女性スタッフが懸命に説明する。 ブレンタ川と運河による水の都市パドヴァ。 15世紀以降はヴェネツィアの支配下に入るが、 古代ローマ以来の自治都市パドヴァは13・14世紀、多くの成果を生み出した。 ジォットのフレスコ画で有名なスクロヴェーニ礼拝堂。 ここはパドヴァの高利貸しスクロヴェーニ家の個人的な教会だが、 フィレンツェ以前、間違いなく中世から近世への橋渡しした名画の宝庫であることは有名です。 次の紹介はドナッテルロやガリレオのパドヴァ大学(イル・ボ)。 発祥はどうやら牛(イル・ボ)をアイコンにしたホテルらしい、 しかし、なんと言っても13世紀に誕生したウルベニスタ(自由)。 近代の学問はホテルからスタートした自由な思考であったことが面白い。 説明はまだまだ続く。 エレミターニ教会(1276年) パラッツォ.ラジョナーレ(1218年) イタリア最初の時計台 扉がなく誰でも自由参加のカフェ・ペドロッキ(1826年) サン・アントニオ大聖堂に植物園、そしてプラート・デッラ・ヴァッレ(広場) この日ボクの最大の関心はコルナーロのロジアと奏楽堂(16世紀)。 何年か前、訪れたこの都市だが、この建築だけは見ることが出来なかった。 この日、修復なったこの建築を舞台上の大画面スライドで初めて魅せていただいた。 ロジアには様々な物語があるが、昨晩は建築のための集まりではない。 このブログでも、今は残念、付け加えるものはなにもない。 ただ一つ、パッラーディオのヴィラも同じだろうが、 16世紀の農業社会と視覚分野のグロテスコとの関係。 パドヴァもまたヴェネツィアの陸の支配拠点であったはず。 いろいろ面白いテーマを抱えているに違いないとだけ、書いておこう。 後半はパドヴァに拠点を置く、日本人音楽家親子によるピアノトリオ。 演目は全てイタリア人作曲家。 ヴィヴァルディ、タルティーニ、ペンテ、c. ポリーニ(マウリッツォではない)にパガニーニ。 面白かったのはパガニーニのディヴェロプメント、「パドヴァの魅力」 なんと、今晩が日本初演だそうだ。 パドヴァ・トリオの主宰者佐々木一樹氏が最近発見された譜面だそうだ。 パドヴァではすでに出版されたらしいが、 コンサートで発表されるのは今晩が最初と言うこと。 曲想は柔らかくイタリア特有のメランコリーに支えられた美しいメロディーの連続。 僅か2楽章の小曲だが、ピアノとチェロとヴァイオリン、その対話劇は絶妙だ。 日本人とは言え、さすがこのトリオ、その遊び心はイタリア育ち。 アンコールはピアノトリオによるヴィヴァルディの四季から「夏」。 あの小刻みな弦の震えによる夏の印象、客席は気持ちのよい夏の終わりを実感した。
コメントを投稿