2010年7月24日土曜日

本物と偽物の峻別にもそれほど意味がなくなった時代

「偽物が本物と信じられた時代から、今日は本物も偽物に見えてしまう。 いや、本物と偽物の峻別にもそれほど意味がなくなった時代を、私たちは生きている。」 と文化欄「住まう技法」は書いている。

30年ほど前、ゴッドフリー・レッジョ監督はドキュメンタリー映画「コヤニスカッツィ」を製作した。 コヤニスカッツィはアメリア先住民の言葉で「常軌を逸し、混乱した生活、平衡を失った世界」という意味がある。
1956年に完成したアメリア・ミズーリ州セントルイスにあった巨大集合住宅は住宅計画史上最大の失敗作。 その集合住宅は1972年に爆破解体される。
ゴッドフリー・レッジョ監督は巨大集合住宅の建設から解体の経緯を映画にした。
ドキュメンタリー映画「コヤニスカッシュ」は常軌を逸した現実の建築の自爆状況の記録なのだ。

一方、2001年9月11日、同時多発テロにより、WTCは崩落する。
ニュース映像を見る限り、この崩落は劇場で見る今風のどんなSFX映画以上に現実的であり衝撃的。
偶然ではあるが、セントルイスとWTC、どちらの建築もミノル・ヤマサキの設計。
繊細な機能美を誇った近代の名作と言われている。
そして、WTCの崩落は「モダニズム建築の終焉の日」と呼ばれるようになった。
冒頭の言葉に戻って欲しい。
ボクには「われわれは住まう技法(=建築批評)を失っている」と読み取れるのだ。

他方、同じ夕刊の6面、映画欄の下の四段の広告はユンカーマン監督の「老人と海」。
この映画も「コヤニスカッツィ」同様、30年ほど前のドキュメンタリー。
与那国島に住まい、小さなサバニを大海に浮かべ、大きなカジキと格闘する老人の記録だ。
というのは簡単だが、格闘と言う映画の中のクライマックスまでは、映画を創る人々にとって、 気の遠くなるような、長い待ち時間と思考と逡巡の日々。
むしろ、この映画は「待ちこそ人生」と語っていたのかもしれない。
じじつ、後で聞いた話だが、この映画のサバニの漁師は、映画に記録された格闘のあと、 嘘のように人生を閉じられたと言う。

映画の撮影は東中野「ポレポレ座」のスタートの頃だった。
ポレポレ座は写真家本橋成一氏の発案から誕生した、かってはアクセスフリーのたまり場だ。
アフリカでの撮影旅行から帰り、その大地と動物たちの営みに触れ、彼はそこに生きる人々の言葉『ポレポレ」を仲間とともに共有しようとした。
ポレポレはスワヒリ語で「ゆっくり、ゆっくり」を意味する。
当時の、急ぎすぎる時代風潮、なんか変だなと感じる人々が沢山集まった。
たまり場となったのは青林堂という本屋さんの三階。 そこは男女半々、20代から60代、いつも様々の分野の人々で一杯。

ドキュメンタリー映画「老人と海」のプロデューサーはシグロの山上さん。
そして、彼もポレポレ座スタート時の主要メンバー。
撮影時の苦労話はいろいろ聞かされ、陣中応援に与奈国には必ず出向く約束しながら、 遂に果たせず、今にして思うと、ちょっと残念ことをした懐かしい思い出の人。

「老人と海」はそんな様々な記憶がある懐かしい映画 、しかし今日、夕刊では突然の四段の大広告。
金もなくスポンサーもままならない当時のこと、新聞広告など考えられないことだ。
だから、びっくり、何事かとしばし、!?!?。
考えてみると、先ほどの文化欄「住まう技法」とは全く呼応している。
あの時代は批評があったのだ。
ポレポレ座ではよく議論もした、時に喧嘩にもなった。
しかし、今は批評がない、みあたらない。
本物と偽物の峻別にも意味がない。
だから、いま上映されることには大きな意味がある。
この映画には四段の大広告で宣伝し、多くの人に観てもらいたい、ここには峻別があるからだ。

コメントを投稿