2010年5月28日金曜日

ロッシーニの「アルミーダ」

「METライブビューイン」、昨日(2010年5月27日)、久しぶりに東劇に出かけました。 ルネ・フレミングがタイトロールの「アルミーダ」メトの最新版だそうです。 このオペラは今回が初めてです。 CDでアルノンクールとバルトリの「アルミーダ」は聴いていました。 しかし、それはハイドンのもの。 今日はロッシーニです、劇場ではなく映画ですが。 実は映画が始まるまではメトでは珍しいというので、 ハイドンの「アルミーダ」だと思っていました。 上映が始まって、序曲から当然、音が違います。 そして、気がつきました、これはロッシーニだと。 本当はハイドンを聴いてみたい、いや観てみたいと思っています。 しかし、違ったとは言え、大好きなロッシーニです。 彼のオペラはどんな演目でも楽しいことは間違いなしですから。 事実、映画はフレミングを中心に華やかなオペラです。 特に2幕の魔女の宮殿のシーン。 そこでは文字通り、恍惚とした魔女の宮殿を、 ダンスと音楽によって、ふんだんに実感させてくれました。 実際の公演ではなく、映像画面からのこんな不満は不謹慎かもしれませんが、 チェチーリア・バルトリを聞き慣れているせいか、 フレミングは不満です、コロラツーラはお粗末でした。 しかし、魔女の魅力と三幕の気が狂わんばかりの恋情、 それは、フレミングならでは、男心には迫るものがありました。 ですが、ここはやはり映画ではなく、オペラなのです。 歌も表現もバルトリとどうしても比べてしまいます。 埒のないことですが。 こんなことを書いていて、さらに余計なことに気がつきました。 オペラの公演それも全盛期の歌手たちの歌声など、 生ではなかなか聴くことができません。 せいぜい、初台のオペラか、やっとこさの文化会館での体験だけです。 オペラの上演にはお金がかかります。 貴族がスポンサーだった大昔のヨーロッパとは異なります。 現在の大衆にとっては、とても支えきれない贅沢なエンターテイメントなのです。 好きだからといって、いつでもイタリアやアメリカに行き、オペラが楽しめる立場ではありません。 そんなボクにとっては、だからこそ、 この「METライブビューイン」は大いなる楽しみということになるのですが。 しかし、やはり、映画やCD・DVDだけで楽しむオペラ鑑賞は批評も出来ず問題ではないかと。 先週末、NHKの「20世紀の名演奏」のビデオを聴いていて、考えてしまいました。 そういえば最近、オペラどころかオーケストラの演奏もCDばかりです。 久しぶりのTVで観た「名演奏」はみな素晴らしかった、懐かしかった。 しかし、懐かしかったのは、そのほとんどを、かって、生で聴いていたからです。 音楽は演奏会場で聴くということが当たり前でした。 TVは聴いてきた感動の再体験、あるいは、聴き所の再確認にすぎませんでした。 今は、ほとんどの音楽受容をCDやDVDあるいは映画に委ねています。 確かに iTuneなら、何処にいても好きな曲をふんだんに聴くことができます。 しかし、「20世紀の名演奏」を聴いていて考えてしまったのは、 かっての感動との同体験は、最近はほとんど得られていないということです。 TVの「名演奏」は実体験が思い出されどれもこれも素晴らしかった。 ベームやチェリビダッケの演奏は古い映像とは言え唖然として聞き惚れていました。 現在では、演奏がつまらなくなったのかもしれません。 ワクワクさせるような、徹夜してでも絶対にチケットは手に入れたい演奏会、 最近は思いつきません。 クラシック音楽それもオーケストラに限定しての話ですが。 多分、常識的なプロモーターのプログラムにボクは飽きているのです。 もっと、演奏者が「これは聴いて」という演奏会が見つからないのです。 LP時代以上に簡便になったことは有り難いことです。 しかし、逆にチケットが簡単に手に入るからでしょうか、 沢山ある演奏会の広告はどれもこれも、おざなりの感じがしてしまいます。 余りにも便利すぎて、今のボクは音楽を聴く感動を忘れてしまったのかもしれない。

以下は「METライブビューイン」公式ページの「アルミーダ」の解説 指揮:リッカルド・フリッツァ 演出:メアリー・ジマーマン 出演:ルネ・フレミング(アルミーダ)、ローレンス・ブラウンリー(リナルド)、ブルース ・フォード(ゴッフレード)、ホセ・マヌエル・サパータ(ジェルナンド)

中世のエルサレム近く。十字軍の前にダマスカスの女王で魔女のアルミーダが現れ、「我が王冠を親族が狙っています。戦士をお与え下さい」と懇願する。しかしそれは偽りの言であり、彼女の真の狙いは愛するリナルドを手元に置くことにある。十字軍の次の指揮官にリナルドが指名されると騎士ジェルナンドが憤慨、アリア〈耐えはしない〉を歌う。彼は愛し合うリナルドとアルミーダを嘲笑、リナルドは決闘でジェルナンドを斃(たお)す。騎士たちはリナルドを責め、アルミーダは「上手くいった!」とほくそ笑む。場面が変わり魔法の園になる。逃れてきたアルミーダとリナルドは甘美な二重唱を歌い、続いてアルミーダが超絶技巧を駆使して大アリア〈愛の甘き帝国に〉を歌い上げる。しかし、愛に溺れるリナルドの前に騎士ウバルドとカルロが現れ、彼を説得して三人で逃亡する(テノールの三重唱〈一つになって戦おう〉)。アルミーダは魔力を使ってリナルドの後を追う。【岸純信(オペラ研究家)】