2010年4月7日水曜日

平城宮旧阯


昼近くなって雨脚は小さくなったが、相変わらず、風が強い、そして寒い。 歩けば暖かくなる、とにかく、歩くしかない。 バスを待つのも寒いので風の中、平城京旧阯に向かう。 海竜王寺のある法華寺町の東の隅から一直線の真西に歩くと、 ほどなく視界が開け、遠くに朱塗りの大極殿が見えてくる。 さすが、広い、冷たい風が右から左、北から南へ、人影はまばらだ。 到着した遺構展示館で一休みと思ったが、オープンは24日だそうだ。 しかたなく、再び外に出た。
さぁ、どっちに行こう。 朱塗りの大極殿がある西か、東院庭園がある南か。 結論はやはり先週「大仏開眼」で見た阿部内親王(後の孝謙・称徳天皇) いや石原さとみ縁の東院庭園へ。 南に下る水溝に沿い、風で桜が舞うが人いない、ただ広いだけの旧阯を歩く。 そして、ふっと考えた。 やはり、ボクは考古学には縁がない。 歴史については人並みの知識はあるつもりだが、 さらに、万葉集に関してもそこそこの関心は持っているはずだが、 この歴史的空間にあって、只只寒いとしか感じないとはなんたることか。 この荒野で途中、溝の中の水を掻い出し、懸命に遺物を探す作業集団の方々にお会いしたが、 一足も立ち止まることなく、東院庭園の入り口となる建物の中に入った。  
出来たばかりの展示館には旧阯の写真と説明パネルと模型。 大いなる関心はただ一つ、当時の建築、その掘ったて柱の地業実物大模型。 直径50センチメートルほどの柱の地中部分だが、 真下には周長を一周り大きくした径の一枚岩。 周辺は30センチぐらいの玉石が一杯に敷き詰められている。 柱の下方に、浮き上がりによるカイサキを防ぐ長さで丸太を突き通し、1本の柱の鉛直荷重を3方に分散して支持している。 さすが、立派だ、半端じゃない。 塔でも触れたが、古代の技術は決して未熟ではない、周到だ。
 さて、次はどこへ、南か、北に戻るか。 ここまで来てしまったのだから、今日はも北の大極殿はあきらめよう。 その先の西大寺から秋篠寺へというコースも考えてはみたが、 伝技芸天立像は幸い一昨年の飛鳥の帰り、 一目お目にかかったのでパスすることにし、南に向かった。 南の大門、朱雀門は立派な門だ。 ここに立つと、まさに旧阯の全貌を手にした気分。 寒さも忘れ、平城京を治める貴族にでもなった積もりで天地を眺めた。 いい気分になっていると、親切なおじさんが話しかけてきた。 淡いグリーンジャンパーを羽織った、旧阯を説明するボランティの方だ。 「いい所ですね。まだ、何もない平城京を見るのは、作る楽しみがあって、 当時の貴族と同じですよ」とこちらが冗談をいうと、 「いや、このままじゃお客さんが来てくれない。 お役所仕事でいつになるか解らないが、出来上がるのは 、私が死んだずっとずっと先であることは間違いないでしょうが」 なかなか、面白い方、いろいろお話を伺ったが、 腹も減ったのでおじさんに近場の旨い食堂を教えてもらい、 門脇の工事現場にある出来立ての事物大遣唐使船を覗かせてもらい、 さよならをした。
コメントを投稿