2010年4月8日木曜日

斑鳩の道

法輪寺からの法隆寺へはクルマなら10分位か、 しかし、今日はのんびり山道をゆく。 ここからは南ではなく、東、右手の坂道を上る。 無粋なゴルフ場への道とおサラバすれば、もうクルマは通れない。 ポカポカ陽気のハイキング、連れはないが、なんとなくこころ楽しい。 ここはいたるところ、かの厩戸皇子の縁の場所だ。 山道を進めば、うぐいすばかり、人の気配が珍しいのか、 その啼きごえは歩み入るごとにますます高まる感じだ。 やがて前方は高台の畑、法隆寺はもう近いはず、 そろそろ塔の姿でも見えないかなと背伸びしながら歩き続ける。
30分も歩いたろうか、道はまた舗装路に出る、 右手は土盛りの堤、左手の小山は古墳のような木立の固まり。 2〜3mほどの堤に上がって、ようやっと見つけた、法隆寺の五重塔。 手前は天満池、木立は斑鳩神社。 正面から春の日を一杯に受け、池の水もまぶしい。 iPhoneカメラで塔の姿を、とチャレンジしたが全く絵にならない。 その場に留まり、しばらく池を前景とした日を浴びる塔を眺めることにした。 堤の上を半周すると法隆寺への降り口あった。 たぶん法隆寺からの参拝客は遠回りする登り口が待ちきれず、 早く塔を見たいと、この堤をよじ上った跡のようだ。 確かにここからは塔はもう目の前だ。 近からず、遠からず、幾重か瓦の波を超えて見れば、 あこがれの斑鳩の塔が毅然たる姿で微笑んでいるようだ。 畑と住宅の間の一本道、ほどなく、この町特有の土色の塀。 やがて右手は西院伽藍。 左手は東院(夢殿)と中宮寺。 観光客の人ごみにまじり、まずは中宮寺の如意輪観音を訪ねることにした。
コメントを投稿