2010年4月5日月曜日

奈良紀行は浄瑠璃寺から


久しぶり春の奈良を歩きたいと思い、1人で出かけることにした。
 まずは浄瑠璃寺。 
東京を8時前に経ち、近鉄奈良駅から路線バスで30分。 
なんともスムーズ、昼前には浄瑠璃寺門前に着いた。 
ここを訪れるのは三度目、前回からはウン10年も経過している。 
最初の訪問で秘仏の吉祥天にお目にかかり、その色彩豊かな、 ふくよかで親しみやすい仏の姿に魅せられた。

 毎回、奈良を訪れると、寄ってみたいとおもいつつ時間がない。 二回目は大枚はたき、タクシーで出かけたが、残念、秘仏は厨子の中。 小さな華奢な扉は硬く閉じられていた。 そして今回はフリーの旅。 
公開日に合わせ、わざわざ出かけたのだから間違いない。 
それほど拝観したい、と思っているのには理由がある。 
ライフスタイルのリストラだ。 
いいものだけを持つ、見る、聴くに心がけ、 余計なことには煩わされない、買わない、追っかけない。
 そんな生き方を心がけたいと思ったから。 
浄瑠璃寺は九体寺とも言われ、9体の阿弥陀仏が鎮座する浄土体現の寺。 
平安末期建立のこの寺は寺域周辺を含めヨーロッパで言えばまさに桃源郷のような趣。 
静寂な池に小さなお堂を写し、仰ぎ見れば金色の三重塔。 
訪れたこの日、残念ながら、この塔は工事中。 
しかし、写真を撮るために来たのではない。 いい時間、いい空間が目的だ。
コメントを投稿