2010年1月28日木曜日

倫敦から来た男


そっけない狭い階段を降りて地下の映写室へ。 まさに、映画マニアのアジトのような趣だが、客席のイスはゆったり、そして柔らかい。 大きすぎないスペースは暗闇の中の映像と親しむにはぴったりだ。(渋谷、シアター・イメージフォーラム) この初めての劇場で見た映画は「倫敦から来た男」。 その印象もまたこの劇場にピッタリ。 息の長いクローズアップによる心理描写。霧笛、靴音、波音、教会の鐘の音を鮮明に響かせ、モノクロの映像とシンクロし、サスペンスは光と影の中を進行していく。 映画の原作者はかってよく読んだ「メグレ警部」の原作者ジョルジョ・シムノン。 今日は久しぶり、彼の小説世界を映画で味わえると思い楽しみにしやってきた。 そして、100%満足した。映画はまさしく、あのシムノンの物語世界そのもの。 監督はハンガリーの鬼才タラ・ベーラとある。 ニューヨークのMOMAやパリのルーブル美術館で上映される芸術監督。 小説で読むなら1時間足らずの掌編だろうが、2時間半という特異の時間を監督は小説の中の息づかいまで細かく描き出し埋めて行く。 その特異の時間はまさしくシムノンそのもの。 サスペンスの中に浮上する人間の持つ脆さと哀しみ。 光と影のドラマは静かな波音と霧笛に始まり、終わって行く。
コメントを投稿