2009年10月24日土曜日

皇室の名宝展


昨日、22日の皇室の名宝展は若冲人気で満員だ。大勢の人々が押し合いへし合い、自分自身もその一人、何故に、こんなにこの展覧会は人を引きつけるのか。いつもの中高年女性だけの展覧会と異なり、今日は平日(金曜日)というのに文字通り、老若男女で一杯だ。そして、やはり、いいものには人は集まるんだ。そんな、当たり前すぎる実感を持った半日だった。 若冲だけではない、永徳、応挙、抱一・・・大観、観山、玉堂、清方、松園・・・。まさにきら星のごとく。皇室だからこそ可能であった名品の数々、その一斉展示となると機会は意外に少ない。だからこそ、ボクもまた脚を運んだのだ。見を終わっての感想は、人が多く圧倒されたにも関わらず、大満足のニコニコだ。そして、気がついた。我々の周辺は現在、沢山のものに囲まれている。映画や音楽、スポーツや美術。しかし、いつも満足かと言えば決してそんなどこはない。しかし、この展覧会は裏切らない。やはり、いいものはいい、すごいものはすごい。専門家に言わせれば、最悪の感想であろうが、いまはそれしか言葉がない。付け加えるならこの2点、名品というわけではなかろうが、17世紀の萬国絵図屏風と川島甚兵衛の春郊鷹狩・秋庭観楓図壁掛。この展覧会であるからお目にかかれたであろう名品。それは名作というより脅威の作。誰かが言っていた、この展覧会は情報の海、まさに、その通りの展覧会だ。
コメントを投稿