2009年12月30日水曜日

「凍れる音楽」孝

ヨーロッパ中世、教会の中で一体であった音楽と建築は、15世紀イタリアでは、音楽は耳で聴くもの、建築は目で見るもの、つまり、別々の役割を持ち、神の世界の顕現に貢献するものとなっていました。しかし、明確な分離を意識することなく18世紀を迎えたアルプスの北、ドイツでは民族意識の高揚をきっかけとしてゴシック建築の見直しと礼賛が盛んとなります。ルネサンス・バロックというヨーロッパの音楽や建築の主調がまだイタリアに重心がおかれ、当時野蛮な様式と見なされていたゴシック建築を後にドイツ・ロマン派と呼ばれる人々が、この建築こそ我々の精神の崇高な体現として評価したのです。
18世紀中頃、音楽はソナタ形式の隆盛に伴い、イタリア中心のバロック・オペラによる静止画的世界から器楽的・動画的世界へ、不連続な継起的ドラマから連続的体感の世界へと変化していきます。この連続的高揚こそアルプスの北の人々を支える美学。ゴシック建築とソナタ形式の音楽は相和し、美学におけるドイツ・ロマン、後の「凍れる音楽」を体現させる装置となったです。「凍れる音楽」はイタリア・ルネサンスを凌駕するドイツ的意識の広がりを証拠だてる有効な説明言語、その筆頭はフリードリッヒ・シェリングと言われています。芸術は人間の最高の精神的所産かつ生産活動と位置づけ、彼は「彫塑における無機的芸術形式すなわち音楽は、建築である」あるいは建築を「空間における音楽 Musik in Raume」と「芸術哲学」に書いたのです。シェリングの義兄弟でもあり、友人のフリートリッヒ・シュレーゲルは「建築は凍れる音楽 gefrorene Musik なり」と語っています。やがて、「凍れる音楽」はゲーテ、ヘーゲルを始め多くの人々に愛用され、文学・音楽・美術・建築のロマン主義を象徴する言葉となって行くの周知の通りです。
ボクにとって最も興味深いのは「ドイツの建築術について」(1773年)から始まるゲーテの建築論です。この書は若きゲーテがシュトラスブルグ大聖堂について論じたもの。当時ヴィンケルマンの古代美術史によりギリシャ美術に傾倒していたはずのゲーテでしたが、彼は大学生活を通じ身近に体験したゴシックの大聖堂を賛美して止まず、この書を書き上げました。「大聖堂の眺めはなんという思いがけない感じで私を襲ったことか。これまで私の頭は良き趣味についての通念で埋まっていたのだ。聞き伝えによってマッスの調和とか、形式の純粋とかをあがめ、ゴシック的粉飾の恣意に対する断固たる敵になっていたのだ。辞典の見出し語でも説明するように、ゴシック風という語のもとに、私は不確定、無秩序、不自然、かき集め、つぎはぎ、飾り過ぎ等々、脳裏をかすめたありとあらゆる生半可な同義語を積みあげていたのだ。それは外部の世界をみな野蛮呼ばわりしている民族よりも愚かしく、自分の体系に適合せぬものをすべてゴシックと呼んでいたのだ。・・・・ところがどうだろうこの大伽藍は互いに調和している。無数の細部から成り立っているので味わいを享受することはできるが、けっして認識したり説明したりすることの出来ぬ建物だ。」ゲーテの熱い感情が手に取れるようです。彼は教室であるいは書物で得ていた古典主義をかなぐり捨て、理知を超えたシュトラスブルグの魅力にうち震えたのです。
そんな、若きゲーテですが、このようなゴシック賛美は「イタリア紀行」と相前後して急に消えてしまいます。「ドイツの建築術について」から10年あまり後、ワイマール宰相の地位にあった彼は突然、逃げるようにブレンナー峠を越え、檸檬の花咲く、パッラーディオのラ・ロトンダ(ミニョンの館)を訪れています。紀行は「我もまたアルカディアに」と裏表紙の言葉に示されるようにイタリア古典主義の経験と考察、1786年から1788年の記録が元となった有名な書です。晩年まで改訂に改訂を重ね、文学者ゲーテの原点といわれる「イタリア紀行」は仰ぎ見るゴシックを振り払った北の国の感性が初めて触れるアルカディア、ルネサンスとは異なる、古代ローマを体得した旅行記と言えましょう。(ゲーテはフィレンツェは訪れなかった)そして、この紀行からドイツに戻ったゲーテは1788年、再び「ドイツの建築術について」を書きました。それはギリシャ建築を主題とし、古典建築研究の成果示す内容です。さらに1895年には「建築術」と題する手記により、イタリアでの体現を総括し、古典主義礼賛の芸術論を上梓します。つまり、若き血が燃えるゴシック礼賛から、理知的古典主義文学者へと変貌した詩人ゲーテの誕生です。しかし、そんなゲーテは晩年、再びゴシックへとその関心は回帰するのです。人間ゲーテの大きさはその変容の中にこそ見るべきかもしれません。それは「ドイツの建築術について1823年」に記されています。「私が後にシュトラスブルグやケルン、そしてフライブルグの芸術を見失い、そのうえ、それよりも発達した芸術(古典古代の芸術)に心を惹かれて、それらをまったく捨て去ってしまったことについては、自分を責めぬわけにはゆかぬ」。ゲーテはゴシック主義と古典主義の両面に挟まれつづけ、ドイツについて、文学について、建築について、芸術について考え続けた人、だからこそ偉大なる詩人と呼べるのです。そして、生み出されたものはドイツ民族のためだけのロマン主義ではなく、全ての人間のためのロマン主義であった、と考えて良いのではないでしょうか。
ゴシックはドイツ・ロマン主義に直結しています。また「凍れる音楽」は「ドイツ・ロマン主義の常套句」と考えて良い事柄です。しかし、その後、ロマン主義はイギリスに引き継がれ、「ピクチャレスク」にまで応用されるとある種の古典主義と結びついていきます。ゲーテには「凍れる音楽」という直接的言辞はありませんが、この言葉がゲーテの言葉として広まったのは、ゲーテの生涯にわたる建築論がゴシックと古典主義の狭間に立つ、一民族ではなく世界に通低するロマン主義の表明となっていたからに違いありません。
「凍れる音楽」は感覚的に理解しやすい言説ですが、どこまでも反アカデミズムのなせる技であったことは重要です。建築という分野では、ロマン主義が主流になったことはありません、そしてまた「凍れる音楽」が建築側から語られることもほとんどなかったことです。そんな観点に立って考えてみると、20世紀に入り、多くの建築家が音楽との関係を語り始めたことは大変興味深いことです。アールヌーボ以降新しい建築を模索したのは皆、反アカデミズムの人たちです。ヨーロッパ世紀末は反アカデミズム(クリムトやオットー・ワーグナー)の活動が主因となり活動が始まっています。こんな100年前の建築状況を思い出しますと、現在もまた新たな「凍れる音楽」を論じる時代ではないかと考えてしまいます。それは機械主義・情報主義・環境主義を超克し、新たな人間のエティカ(美学)に通低する新しい建築を必要とする時代だからです。

2009年12月22日火曜日

メサイア/藝大フィルハーモニア・声楽家学生・東京文化会館


今晩は、これから恒例の芸大「メサイア」東京文化会館に行ってきます。お酒なしの2時間半。 5:19 PM Dec 22nd webで メサイア、開演前30分。東京文化会館。 http://twitpic.com/umhg0 6:10 PM Dec 22nd Echofonで 休憩。合唱の美しさが圧倒的。文化会館メサイア。 http://twitpic.com/umnx9 7:35 PM Dec 22nd Echofonで 芸大の演奏だけあって、今晩は若い聴衆も沢山!RT @yamaya80008: 優雅だなあ。>休憩。合唱の美しさが圧倒的。文化会館メサイア。 http://twitpic.com/umnx9 7:42 PM Dec 22nd Echofonで おっしゃる通り、160人もの若い合唱が輝いてました。当然、老練な弦がしっかりサポートしていますが。素晴らしい演奏、ハレルヤです。RT @Yokato41: 若い人の合唱は、時に、特別の力を発揮するからなあ、ウラヤマシイ。ヘンデルは陰影より、輝かしく歌っていればイイし 9:37 PM Dec 22nd Echofonで

2009年12月19日土曜日

立花から曳舟へ


下町歩きの楽しみはノスタルジー。 しかし、それだけでない何かを、立花、京島、曳舟を歩いてみて実感した。 今日はそれを書いてみたい。 
まず、旧中川の浅瀬に立ち寄った。 小さなカモメが立杭一本に一羽ずつ、午後の冬の日を浴び羽を休め、つらなる水辺の情景、こんな風景こそ、忙しさにあふれる都心に、いつも日常的にあるべき景かもしれない。
 少し歩くと護岸工事、クレーンが建ち、土砂の掘削のドリルとユンボが唸っている。 しかし、その傍らの岸辺の枯れたススキの薮の中では雀が無心に群れをなし啼いていた。 どんなに騒音にまみれていても聞こえるんですよね、小さな生命の営みの生の音が。 
見上げると、銭湯の煙突が澄んだ冬空を突き破っている。 まだぁ、あるんだ、銭湯の煙突なんて。 そうだ、低エネルギー・低炭素時代にはこんな風景が欠かせない。 わが家の小さな風呂場では味わえない、全く新しく、安価で安らかなリゾートではないのだろうか。
 
次に立ち寄ったのは大正民家園と言う一軒家。 木戸の正面は護岸で水辺から隔てられ貧相だが、その木戸から続く庭先は敷石と手入れの良い植木に彩られ、個人住宅のもつ豊かなライフスタイルを描いている。
 そうなんだ、入り口までの設えが、その家の住民の姿を表してしまう。 豪華な調度ではない、住まい手の生き様は住宅のアポローチに見えてくる。 住宅の正面に立ってまた、ビックリ、平入の縁先は左右に二つの玄関、いや、二軒長屋ではない。 聴いてみると、右は農家、左は町家。 大正期のこの住宅は、この地で農業を営み、役所でも仕事する初期東京に生きる典型的な住民の住まい、つまり、日常的な町家玄関と農作業用の大きな土間入り口はどちらも不可欠だったのだ。 道理で内部を見ると、立派なケヤキの構造柱と、品のいい杉の造作。 建具や欄間も設えも川向こうの職人の仕事ということだが、文化財になった有名住宅の仕事に勝るとモ劣らない出来。 そうなんです、これが昔、東京で生まれ育つ人たちの当たり前の住処。 農繁期や時節には手が離せないが、日常は役所の仕事をしながらでも自給自足、時には余剰生産物を農協に引き取ってもらい、毎日、質素だが、奥行きと節度があり、健康な生活を楽しんでいた。
 専門的な言い方をさせていただくと、大正期とはいえ、この住宅は整形四つ間取りの典型的な農家平面。 しかし、土間が狭いと同時に、造作の趣味は完全に江戸期以降の町家のもの。 つまり、この住宅は90年前につくられたスローライフハウスであったのです。

 立花大正民家園から中川を離れ曳舟に向かうことにした。 路地のようにうねる道筋の大半は小さな町工場の連続だ。 土曜日だというのに、モーター音を華々しく放ち、あまり体験のない機械油や金属の匂いに絡まれる。 しかし、ブロック塀に囲まれた均質な住宅群やマンションが林立する最近の住宅地の無音に比べ、ここはなんとも居心地が良い。 
建物の一つ一つは全て間口が狭い、そのため、一足ごとに世界が変わってみえる。 その一つ一つは開け広げで心安く内部を開陳する。 覗くと黙々と作業しているおじさんたちがいる。 まるで、ドラマの中に入り込んだような気分だ。 
気がつくことは、家々は小さいが、みな独立していて個性があること。 どの家々もモルタルや板屋や鉄板という安普請だが、そこには聞こえてくるメロディがある。 今風の石や偽タイルで飾られた均一無音の連続ではなく、一軒一軒が異なる旋律で奏で相和す音楽が。
 それは、高層マンションのこれ見よがしなボリュウムで決して発揮出来ない、本当の都市が生み出す人間の歌のようなもの。 

歩き続けるとやがて駅に近く商店街の趣。 ここまでくると奏でられていたメロディは突然変調される。 つまり、音楽は続き雰囲気が変わるのだ。 間口が狭く、独立した小さな家々というメロディは連続し変わらない、 しかし、譜表は一段と高い。肉屋に魚や花屋に洋服屋に小間物屋そしてクリーニングやラーメン屋に日本そばとなんでもある。 
コンビニやショッピングセンターでは聴くことができない多旋律のメロディ。 華々しく飾り立てているわけではない、人を呼ぶスピーカー音楽があるわけでもない。 黙々と人が集まり、店のおじさんやおばさん達のつぶやきが、街を形作る家々のメロディと協奏しなんか不思議な雑踏感を作り出している。

2009年12月14日月曜日

オペラ座のすべて


凄い映画だ!題名通り、オペラ座のすべてです。延々、3時間近い上映。建物は地下の鯉から屋上のミツバチまで、働く人々は、オペラ座の掃除からたてもの改修のペンキ職人、受付のカタログ販売、楽屋の食堂、衣装係、そして、経営会議の面々。しかし、圧倒的なのはダンサーと指導役の先輩たちとの練習風景。見習いでありプロであろうが、彼らはみんな、世界一のバレーを生み出す使命を持って、踊り、踊り、踊る!しかし、ダンサーとしてのかれらは40歳で年金生活に入らざるを得ない。そこで必要なことは、トップのエトワールを含め、全員がオペラ座のバレーの制作者として共通に使命をもち集団的に業務に励むこと。当然であろう、これが仕事であり、芸術であり、バレーなのだ。オペラ座という特殊の世界の特殊の人たちのドラマを、かってに期待して見に行ったかもしれない。しかしこの映画はどこまでも、当然であり、当たり前に仕事をする人々の姿なのだ。正直にいうと途中10分程度は眠っていたが、凄い映画です。

2009年12月12日土曜日

副王家の一族


オブリージの無い貴族の物語は悲劇でも喜劇でもない。普通の人間のただ 哀しいだけの物語。評判は良いのだが、ボクにはつまらない映画だった。「山猫」のビスコンティとはとても競えない。シチュエーションは19世紀後半のイタリア統一期のシチリア。ブルボン王家の副王一族の混乱を描くこの映画、背景はまったく「山猫」同じ世界。しかし、中身も表現もすべて、何を伝えたいのか、より判らない?とんでもない時、ミゼレーレが流れ、なんでこんな時カンピドリオなのか。薄っぺらな舞踏会はかえって興ざめ、出てくる人々の人間像も不明確のまま、テレビ番組を見ているような演技が続く。ただのボンボンと操り人形のドタバタでは、2時間座っているのは些かきつい。

2009年12月7日月曜日

アイーダ

「明日はあなたかもしれない!」アイーダは間違いなく悲劇だ。大半のオペラはタイトロールの死によってドラマが終わる。しかし、悲しい、涙を誘う劇が全て悲劇というわけではない。ドン・ジョバンニは喜劇なのだから。「人事だけでは、如何ともし難い、人間の有り様、運命を画くのが悲劇」、と読んだ事がある。シェークスピア以降、近代劇では特定の人間が画かれるが、古代劇では類型としての人間が問題であって、ギリシャ悲劇は「人間とは何か」が画かれていると言うのだ。つまり、「ロミオとジュリエット」はロミオとジュリエットの悲劇であって、あなたの悲劇ではない。しかし、「アイーダ」は社会に生きる人間(エチオビアの王女)の悲劇であって、アイーダだけの悲劇ではない。社会に生きる人間であるがゆえに、誰もが陥るであろう悲劇、これが古代劇の悲劇であり、あなたの悲劇。それが冒頭の歌、「明日はあなたかもしれない!」に表れている。
しかし、オペラは第三幕からガラッと変わる。ここからは「アイーダ」ではなく、「アムネリス」が主役、彼女の悲劇であり、オペラなのだ。ラダメスを恋い焦がれるが、彼に愛されることもなく、身悶えし乍ら彼の生を嘆願する。その歌声はオペラの中でも最も美しく、どこまでも哀しい。しかし、この悲劇はいつの時代の誰もが体験し、理解出来るものだが、この恋、そして悲劇は個人アムネリスのものであって、あなたのものではない。
今日のオペラはそんなアムネリスが圧巻だ。もともと、メゾ・フェチに近いボクにとって、ドローラ・サジックの歌には泣かされた。前ニ幕のスペクタクルな舞台は今や、メトでしか味わえない楽しみだが、三幕のアムネリスの報われぬ恋と恋人を失う悲劇はザジックだけが表現可能な世界かもしれない。愛する娘を失ったヴェルディは、その娘への父親である自分自身の想いをバリトンに託し、幾つかのオペラで歌わせているが、最後のオペラに近い「アイーダ」では、娘自身の悲しみをアムネリスに歌わせたに違いない。

2009年11月20日金曜日

古代ローマ帝国の遺産展


やはり、平日の朝一番は正解だ。圧倒的に空いている、とは言え、人気の展覧会、中年以上の女性グループがどんどん多くなるのに加えて、今日は熱心にメモをとる高校生たちがたくさん、11時過ぎにはもういつ通りのにぎわいとなった。内容は期待に以上の楽しい展覧会。初代皇帝アウグストスと同時代のポンペイの生活がわかり易く展示されている。大理石像、調度品、貨幣、秀逸は壁画、モザイク画、特に映像は歴史解説と連動され全体は集約的で明快だ。そんな今回の展覧会の中で、実は楽しみにしていたのは、ソンマ・ヴェスビアーナのディオニュソスとアレッツォの青銅のミネルヴァだ。聞いてはいたが、やはりこの二つはギリシャの彫刻、ローマとは些か異なっているように見えた。発掘されたギリシャ彫刻は実際には非常に少なく、大半はローマ時代の模刻。しかし、この二像は本物のギリシャを感じさせるなにかがある。他のローマ彫刻にはない、洗練度のようなものが感じ取れたことは今日の最大の収穫と言って良い。

2009年10月24日土曜日

皇室の名宝展


昨日、22日の皇室の名宝展は若冲人気で満員だ。大勢の人々が押し合いへし合い、自分自身もその一人、何故に、こんなにこの展覧会は人を引きつけるのか。いつもの中高年女性だけの展覧会と異なり、今日は平日(金曜日)というのに文字通り、老若男女で一杯だ。そして、やはり、いいものには人は集まるんだ。そんな、当たり前すぎる実感を持った半日だった。 若冲だけではない、永徳、応挙、抱一・・・大観、観山、玉堂、清方、松園・・・。まさにきら星のごとく。皇室だからこそ可能であった名品の数々、その一斉展示となると機会は意外に少ない。だからこそ、ボクもまた脚を運んだのだ。見を終わっての感想は、人が多く圧倒されたにも関わらず、大満足のニコニコだ。そして、気がついた。我々の周辺は現在、沢山のものに囲まれている。映画や音楽、スポーツや美術。しかし、いつも満足かと言えば決してそんなどこはない。しかし、この展覧会は裏切らない。やはり、いいものはいい、すごいものはすごい。専門家に言わせれば、最悪の感想であろうが、いまはそれしか言葉がない。付け加えるならこの2点、名品というわけではなかろうが、17世紀の萬国絵図屏風と川島甚兵衛の春郊鷹狩・秋庭観楓図壁掛。この展覧会であるからお目にかかれたであろう名品。それは名作というより脅威の作。誰かが言っていた、この展覧会は情報の海、まさに、その通りの展覧会だ。

2009年10月2日金曜日

カルメル会修道女の対話 新国立中劇場


初台の中劇場で初めてカルメル会修道女の対話を聴きました。音楽はプーランクです。音楽・建築を学ぶものにとって1750年前後のヨーロッパ研究は不可欠、と言うのが私の持論。明治以降、様々なヨーロッパを学びましたが、私にとってもまだ不十分なのが彼らの神そしてコスモロジーの崩壊、彼らの言う人間の自由と自律、そしてカントです。つまり、私はまだヨーロッパの観念あるいは形而上学を理解出来ていない。プーランクの最後のオペラは素晴らしい音楽です。ドラマは1794年のテルミドール。今日の観劇はヨーロッパの核心に触れるチャンスとなりました。丁寧にドラマの進行に貢献する音楽は間違いなく第一級の現代オペラ。ドラマはギリシャ以来のヨーロッパの観念の死、現実のみを生きざるを得ない、人間の悲しみをリアリスティックに描いています。オペラが終われば若い研修生達の熱演に拍手喝采。涙を拭う私もまた同じですが、胸に残されたもの、それは決して拭うことの出来ない、人間が人間として生きるがゆえの寂寥感。ほんの少しだけ、ヨーロッパの基底が理解出来たような気がしたのです。

2009年10月1日木曜日

プロフィール/加藤宏之/かとうひろゆき


東京生まれ、東京在住

東京理科大学工学部建築学科卒業

一級建築士       登録 NO.75325

インテリア・プランナー 登録 NO.00649

日本建築家協会会員・日本建築学会会員・日本民俗建築学会会員 ・日本経営開発企業団専門委員・日本林業経営者協会需要開拓委員会顧問・国立音楽大学非常勤講師

主な執筆

月刊誌-建築文化 / 滝原の家・引本幼稚園 他

季刊誌-ディテール / 江古田の家 他

月刊誌-モダンリビング / 那須の別荘郡 他

月刊誌-ハウス&ホーム / 片瀬山の家、榛名の家、宇佐見の家 他

月刊誌-東芝 / ひかりの計画・あかりの計画 軽井沢ショッピングセンターとレッドロブスター 他

季刊誌-アジアフォーラム / 竹の建築誌 他

月刊誌-オンザライン / 水の上のショッピングセンター 他

月刊誌-Mr. & Mrs. / 水の街のアンソロジー・風の建築誌 他

月刊誌-建築・デザイン-AT / 書評欄隔月担当

民俗建築(学会誌)    /  シンポジウム記録投稿

月刊誌ーエクスナレッジ  / ガウディ・オペラ

書籍ー集住の知恵     / 共同執筆 (2005年7月)

書籍ー建築家の言葉    / 共同執筆 (2010年10月)

書籍ーふしぎな国のガウディ/ 共同執筆 (2011年7月)

書籍ー音楽と建築、そのデザイン     (2013年10月)